ZUAN&ZOKEI by Makoto Kagoshima

vol.1 木版プリント Q3 インドの工場とはどのようにやりとりしたの?

Q3 インドの工場とはどのようにやりとりしたの?

ZUAN&ZOKEIのプロダクトの成り立ちや誕生秘話を、鹿児島睦とともにたどるTalk with Makoto Kagoshima。
Vol.1は、木版プリントのハンカチやスカーフです。

b:遠くインドの工場の方とのコミュニケーションは、ひとすじ縄にはいかないところもあります。

鹿:そうなんですよね。インドの方は、基本的に大雑把というか、大らかというか(笑)。図案の線が、オリジナルよりずっと太いこともありましたよね。

b:そうそう、描いた図案通りの木版になっていなくてびっくりしたことも(笑)。

鹿:あのときは、いそいで指示書をつくって、現地に送りましたよね。

b:車の図案でした。配置がちがったのと、それから、この図案は車に口が描かれているところがいいんですけど、よりもよってその口がプリントされていなかったんですよね。

鹿:「お願いです!口を入れてやってください!」ってね(笑)。

vol1_a3_01

鹿:日本では考えられないようなことも起きますけど、僕は、それはそれでいいかなと思っているんです。異国の方とものづくりをするからには、そういったことも楽しまないと!

b:確かに。

鹿:車の口の件は、さすがに修正をお願いしましたけれど、大らかな人たちが携わるインドでしかできないものづくりの面白さというのもたくさんあると思っています。

vol1_a3_02

鹿:手作業のため、一枚一枚プリントの色味も微妙に異なるようですね。でもそれがかえっていいニュアンスになっていると思うんです。

b:ハンカチやスカーフは、お客様に本当に愛されていて好評ですが、その理由は、図案だけでも、プリントだけでもなく、木版プリントによって生まれるやさしい雰囲気や存在感にもあるのではないかと思うんです。そういったところを楽しみながら、生活に取り入れていただけたらうれしいです。

次のインタビューは「JÄNIS(うさぎの花器)」についてです。お楽しみに。

vol1_a3_03

撮影場所 t-b-d

Talk with Makoto Kagoshima vol.1 木版プリント

Talk with Makoto Kagoshima 記事一覧を見る