ZUAN&ZOKEI by Makoto Kagoshima

vol.2 うさぎの花器 Q3 どうやってプロダクトに仕上げたの?

Q3 どうやってプロダクトに仕上げたの?

ZUAN & ZOKEIのプロダクトの成り立ちや誕生秘話を、鹿児島睦とともにたどる Talk with Makoto Kagoshima。Vol.2は、JÄNIS ウサギの花器です。

b:波佐見の原型師の石原重行さんのおかげで、とても綺麗な原型ができあがり、あとは成形して焼くだけとほっとしたのもつかの間、どの色で商品展開するかの検討が始まりました。

鹿:白はつくりたいと思っていました。それ以外は、ほとんどbiotopeにお任せでしたね。

b:釉薬を扱うところにも、一緒に行きましたよね。すごくたくさんの色があって、決めるのに苦労しました。

鹿:ラビットファーという名前の、まさにウサギの毛をイメージした釉薬もありましたね。

b:そうでしたね。

鹿:どんな色がお客様に受け入れられそうかとか、このプロダクトをどう紹介していくかなど、販売に関することは、基本的には、biotopeにお任せしています。

vol2_a3_01

b:いろいろ試してみた上で、結局ラビットファーは採用せず、白、ブラウン、ピンクに決めましたが、とくにブラウンは、理想の色を導き出すまでにはかなりの時間がかかりました。

鹿:窯の中でおきる変化を想定して釉薬を調合し焼成するのですが、最初から思い描いた色が出るわけではありません。すこしづつ調整しながら理想に近づけていくんです。

b:ブラウンは、赤茶色に転んでしまうことが多かったですね。納得のいく、いいかんじの色にたどり着き製品化するまでに、一年半くらいかかったかな。

鹿:その分、納得のいくいい色になりましたよね。

b:石原さんは、ご自宅の窯まで使ってその色を出すための試作を重ねてくださって、ほんとうに感謝しています。

鹿:そうでした。工場で釉薬をかけたウサギの花器をひとつひとつビニール袋にいれ、ご自宅に運び、またひとつひとつ袋から出して、自分の窯に丁寧に並べて、焼いてくださいましたよね。

b:その石原さんの窯が、またすごく大きいんですよね。

鹿:波佐見の職人さんは、大抵、自分の窯を持っていますが、石原さんの窯はとくに大きい。だから、ウサギの花器だけでは、とても埋まらないんです。

b:その状態で焼くと、目指していた理想の色がでないから大変。

鹿:焼きものの窯というのは、詰め過ぎてもだめですが、余裕がありすぎてもだめで、ちょうどいい具合にものを詰めて炊かないと、熱の周り方が変わってしまうんです。それは、色の出方にも影響します。

vol2_a3_02

b:あと、ウサギが涙目になってしまうという問題もありましたね。

鹿:そうでした。ウサギの目の部分に窪みがあって、釉薬が一度そこにたまるんですけど、立てて焼く間にそれが流れて、涙のようになってしまうことがありました。

b:そういう細かいことを何度も調整してやり直して。石原さんは、ウサギの花器を焼くためだけに、ほんとうにたくさんの時間と手間をかけてくださいました。

鹿:僕は、3色とも、とても気に入っています。

b:陶芸家である自分の作品が、焼きもののプロダクトになることをどう思っていますか?

鹿: ZUAN&ZOKEI のプロダクトは、自分のものだけど、自分のものではないような感覚があるのがいいと思っています。だって、これほど精巧なものは、自分では作れないじゃないですか。自分の作品がプロダクトになっていくのは、とてもうれしいです。

次のインタビューは「ペーパーアイテム」についてです。お楽しみに。

vol2_a3_03

Talk with Makoto Kagoshima vol.2 うさぎの花器

Talk with Makoto Kagoshima 記事一覧を見る