ZUAN&ZOKEI by Makoto Kagoshima

vol.3 ペーパーアイテム Q3 モビールやペーパーナプキンの作り方は?

Q3 モビールやペーパーナプキンの作り方は?

ZUAN & ZOKEIのプロダクトの成り立ちや誕生秘話を、鹿児島睦とともにたどる Talk with Makoto Kagoshima。Vol.3は、ペーパーアイテムです。

b:モビールやペーパーナプキンは「お皿から図案を抜き出す」というのとは、またすこし違った考え方で作っているんですよね。

:そうですね。ぺーパーアイテムのもうひとつの成り立ちというか、作り方として、作りたいアイテムがすでに浮かんでいて、そのために、鹿児島さんに、新たに図案を描き下ろしてもらうという方法があります。モビールは、その方法で制作しました。

b:魚のモチーフのモビールですね。制作はtempoさんにお願いしました。

:はい。2014年に最初につくったモビールです。当初は、お皿の魚の図案だけで構成していたんですが、真ん中に円形のモチーフをいれるとモビールとして、揺れ方のバランスがよくなるのではないかとtempoさんが提案してくれました。

b:モビールは、動きが決め手なので、ゆらゆら動く様子を映像で送ってもらって、検証していきましたが、その中で、バランスのよいモチーフというのが見えていったんですよね。

:そうなんです。それで、真ん中にいれる円形のモチーフは何がいいかと鹿児島さんに相談したところ、新たにサンゴを描いてくれたんです。

b:風にそよいだときのモビールの動きかたについては、製作に関わるスタッフ皆で、とてもこだわりました。サンゴのモチーフが入ることで、より楽しい動きになりました。

モビールの写真

:2014年は、魚やサンゴのモチーフ。2015年は、図案展のテーマが「ひとつの図案にフォーカスする」ということだったので、その図案がゆらぐアシンメトリーな構成にしました。具体的には、花と蝶のモチーフに絞って使いました。

b:モチーフの数をいくつにするか、バランスをどうとるかなど、tempoさんが中心になって、何度もやりとりしてくれました。

:蝶々と花が、近づいては離れ、近づいては離れという動きにしたかったので、細かい部分を何度も調整しました。

鹿:モビールになることで、僕の図案が空間にとびだすというのは、すごく楽しくて嬉しいことだと思っています。ところで、ペーパーナプキンも、作るのにいろいろ苦労したんですよね。

b:ペーパーナプキンは、マリメッコのペーパーナプキンを印刷しているフィンランドの工場まで行って、印刷してきました。

鹿:その工場でしかできないことが、あったそうですね。

b:はい。その工場では、テキスタイルと同じようなプリントの技術で印刷するんです。あえて、すこし版ズレが出るような印刷なんですが、そのちょっとのズレが、マリメッコのテキスタイルを好む人の心を、無意識にとらえているのではないかと、私たちは昔から思っていて……。

鹿:どうしても、その工場で刷ってみたいといっていましたね。

:その工場で印刷することで、鹿児島さんの図案に、biotopeがこれまで関わってきたフィンランドのエッセンスが入るのは面白いと思いました。でも、版ズレをするというのは、リスクも高いということなので、心配ではありました。

b:それで現地まで行って印刷に立ち会ってきました。その場から日本にいる前田さんにメールを送りましたよね(笑)。

:そうでした。色味は画面でわかる範囲で確認しましたけど、日本からの指示では限界があります。現物を見るまでは、やっぱり心配でしたよ(笑)。実際は、思っていたよりもいい仕上がりになったと思います。

b:手間は、ちょっとかかりましたけど、その分、仕上がりがよかったです。

ペーパーナプキンの写真

鹿:ZUAN&ZOKEIのプロダクトは、みなさんのプロの仕事の集積でできているのがすごいなと思います。

:モビールやペーパーナプキンの版をつくるために、鹿児島さんが、パーツを描きなおしてくださったことも大きいですよ。

鹿:でも、僕はとにかくアナログだから、図案の原画はいつも手描きで。前田さん大変なんじゃないでしょうか。

:いえ、むしろそのほうがいいです。ZUAN&ZOKEIのプロダクトは、鹿児島さんの手描きの図案をもとにしているからこそ、量産のプロダクトでありながら、手仕事のあたたかみが感じられるんだと思います。

b:お客様もそこに気づいてくださるんだと思います。だから手にとり、持ち帰りたくなるのではないかと。

:うつわに描かれた図案には、筆の運びや絵の具の質感が感じられるし、陶器にのせた色には、グラフィックワークでは出せないやさしい雰囲気があります。ZUAN&ZOKEIとしてペーパーアイテムを作るということは、ハンドメイド作品の魅力を紙の上に改めて表現すること。だから、ハンドメイド作品と同じくらい、みんな欲しくなるんだと、僕も思っています。

次のインタビューは「唐紙」についてです。お楽しみに。

トレペ原画の写真

Talk with Makoto Kagoshima vol.3 ペーパーアイテム

Talk with Makoto Kagoshima 記事一覧を見る