ZUAN&ZOKEI by Makoto Kagoshima

vol.5 絣 Q3 あずま袋とクッションを作ったのは、なぜ?

Q3 あずま袋とクッションを作ったのは、なぜ?

ZUAN & ZOKEIのプロダクトの成り立ちや誕生秘話を、鹿児島睦とともにたどる Talk with Makoto Kagoshima。Vol.5は、絣(久留米絣)です。

biotope(以下・b):鹿児島さんと下川織物がコラボレートした久留米絣は、とてもいい仕上がりになりました。

鹿児島(以下・鹿):縦糸を染め分けることで、色がバシッと入るという、久留米絣特有の表現を、花の図案の中心のドットの部分で表現できたことが、よかったです。糸の染め分けにより絵柄を織っておくという部分は、僕が、久留米絣でいちばん格好いいと思ったポイントでしたので。

b:絣にはあまり用いないという大柄を、鹿児島さんにリクエストしてみて、よかったと思っています。

鹿:もともとの図案は、犬のシルエットがはっきりしていましたが、織物になったことで、柔らかい感じになりました。こうして織りあがった絣の反物を用いて、biotopeであずま袋とクッションカバーを製作してくれましたね。

あずま袋を下げている写真クッションの写真

b:あずま袋は、布を三つ折りにして正方形の状態に重ね、両端を縫うだけでできあがる構造の袋です。今回は、生地幅の約37センチを正方形の一辺として、反物約108cmを折り重ねて作りました。

鹿:久留米絣の生地幅の制約を生かして無駄のないプロダクトということですね。

b:久留米絣は、着物や浴衣によく使われる織物なので、反物の幅が37cmと決まっています。

鹿:プロダクトにするときには、その生地幅を活かすことができました。

b:はい。あずま袋は、まさに、37cm巾の布から生まれるプロダクトです。

絣の風合いや図案がどう疲れているかがわかるアップ写真

鹿:クッションカバーも、そういう発想で生まれたんですよね。

b:久留米絣という伝統工芸を、現代の服装や暮らしに取り入れるというときに、反物の幅など、織物としての成り立ちを意識して考えていきました。

鹿:2014年の図案展の期間には、あずま袋やクッションカバーの他に、ショルダーバッグや、大人用と子供用のモンペも販売しましたね。

b:そうですね。どれも好評でした。布ものの製作は、福岡で「布と手芸のモノ キナリ」を営む小園由華さんと八女の「うなぎの寝床」さんにお願いしました。

鹿:僕は、和装をすることもあるので、いつか、この絣で浴衣を作れたらいいなと思っていますよ。

b:今回のコラボレーションで生まれた久留米絣の反物は、遠目で見たときには、鹿児島さんの図案として成立している一方で、近くで見ると、計算のもとに構築された絣の構造がよく分かる地模様になっています。

鹿児島さんの図案の浴衣というのは、とてもいいですね。

次回のインタビューは、LINNUT(壁の鳥)についてです。お楽しみに。

鹿児島さんがあずま袋を広げている写真

Talk with Makoto Kagoshima vol.5 絣

Talk with Makoto Kagoshima 記事一覧を見る