ZUAN&ZOKEI by Makoto Kagoshima

vol.6 壁の鳥 Q3 色はどのように決めたの?

Q3 色はどのように決めたの?

ZUAN & ZOKEIのプロダクトの成り立ちや誕生秘話を、鹿児島睦とともにたどる Talk with Makoto Kagoshima。Vol.6は、LINNUT 壁の鳥です。

鹿:こうして、気骨のある生地屋さんのおかげで、LINNUT 壁の鳥は、なんとか成形することができたのですが、ウサギの花器よりも凹凸のあるこの形は、焼くときに変形してしまうという問題がありました。

b:壁の鳥は、内側が空洞です。それも焼くのが難しい理由のひとつですか?

鹿:外側と内側で土の収縮率が違うので、変形してしまうようなんです。収縮率を統一して変形を防ぐことが必要でした。収縮率を統一するには、ふたつの方法がありました。

b:ひとつは、壁にかける側にあたる、鳥の裏側にも釉薬をかけることでしたね。

鹿:はい。でもこれだと、焼くときに窯に釉薬がついてしまうので高台をつける必要があったんです。壁にかける側とはいっても、鳥の裏側に高台があるのは避けたかったので、もうひとつの方法をとってもらいました。

b:そのもうひとつの方法とは、どんなやり方でしたか?

鹿:裏側に釉薬を塗るかわりに、空洞になっている内側に釉薬を塗るという方法でした。

b:外側と内側に同じように釉薬を塗ることで、収縮率を合わせ変形を防ぐことができたということですね。

鹿:石原さんをはじめ、制作に関わる職人さんが工夫や挑戦をしてくださって、テクニカルな解決法を考え出してくれました。

青色の壁の鳥を持っている写真

b:壁の鳥のように、形が特殊なものになると、職人さんの発想がより頼りになるんですね。今回はとくに、創意工夫をこらして、独自のやり方を考えて出してくれたということですよね。

鹿:石原さんが石膏のモデルをつくり、型屋さんが型をとり、その型を使って生地屋さんが生地をつくる。と聞くと、単純な連携に感じますが、実際の工程はもっともっと複雑です。

b:JÄNIS ウサギの花器、LINNUT 壁の鳥の他にも、biotopeで石原さんにお仕事をお願いする中で、そのことはすこしづつ分かってきたような気がします。

鹿:型のどこに鋳込み口(泥しょうを流し込む)をつけるかによっても、泥しょうの流れ方が異なるようですよ。

鹿児島さんが壁の鳥を持って説明している写真

b:すごいですね。そして、釉薬屋さんにいけば、色の種類も豊富です。LINNUT 壁の鳥は、釉薬のテストを重ねていただき、最初は11色も作ってもらいました。

鹿:黒やさまざまなブルー、ブラウンもありましたね。

b:インスピレーションは、フィンランドのアラビアの色使いでした。その後は、白、ピンク、黄色、ネイビーにしぼって展開しています。黄色やネイビーは、鹿児島さんのハンドメイドの壁の鳥のイメージもありました。ピンクと白は、JÄNIS ウサギの花器と同じ色になっています。

鹿:どの色もとてもいいですよね。鳥の向きも左右両方あります。ハンドメイドでも、左右両方の鳥をつくっていたので、こういう形でプロダクトになって嬉しいです。

次のインタビューは「てぬぐい」についてです。お楽しみに。

4色の壁の鳥の写真

Talk with Makoto Kagoshima vol.6 壁の鳥

Talk with Makoto Kagoshima 記事一覧を見る