ZUAN&ZOKEI by Makoto Kagoshima

vol.7 てぬぐい Q3 てぬぐいの色はどうやって決めたの?

Q3 てぬぐいの色はどうやって決めたの?

ZUAN & ZOKEIのプロダクトの成り立ちや誕生秘話を、鹿児島睦とともにたどる Talk with Makoto Kagoshima。Vol.7は、てぬぐいです。

biotope(以下・b):てぬぐいの色のインスピレーションは、フィンランドやスウェーデンでのテキスタイルの色使いをイメージしていました。赤、青、茶色、グレーの4色展開です。鹿児島さんは、どの色がお気に入りですか?

鹿児島睦(以下・鹿):僕は、魚を描いたネイビーが好きだと思っていましたけど、いまこうやって改めて見ると、赤いてぬぐいって、いいですね。蛇の図案のてぬぐいというのは、我ながらよかったなと思います。新鮮ですね。

b:ちなみに、人気は、グレーの鳥なんですよ。

鹿:そうなんですか。

b:落ち着いた色味なので、お部屋やキッチンになじむところが、いいのかもしれませんね。

鹿:そういう意味では、biotopeが提案してくれたこの4色は、いわゆる日本のてぬぐいとは、違った印象のものになりましたね。

鹿児島さんの引きの写真

b:そうですね。海外の人にお土産にしてもらいたいとも思ったので、色のセレクトには頭を使いました。

鹿:図案のどの部分に色をのせるのかも、皆で相談しましたね。動物の柄を色で染めるのか、背景を染めるのかで、出来上がりの印象が全然違ったので。

b:そうやって色を決定した上で、最終的な色の調整は、アートディレクター前田さんにお願いしました。前田さんは、なにか苦労したことはありましたか?

前田景(以下・前):てぬぐいには、専用の染料があるので、いつものデザインワークのように、カラーチップで色を指定するというわけにはいかなかったんです。染色した端切れをまとめた染料の見本帳からセレクトするんですが、見ればみるほど、その色がいいのかわからなくなってきたりもして(笑)。色の選定には、すこし時間がかかりました。

b:色数が豊富だったから、選ぶのに時間がかかったんですか?

:いえ、色数というよりも、全体に和の印象を与える色味が多かったんです。今回は、てぬぐいといっても、和風になりすぎないほうがよかったので、そういう色を探して決定するのにすこし時間がかかりました。生地を地染めして生成りにするか、真っ白にするかでも、色の出方が違うんです。

b:かまわぬさんは「白は、涼しげな印象で、夏に人気」で、「生成りは、あったかい印象でオールシーズン人気がある」とアドバイスしてくれましたよね。

:はい。白い生地に色をのせると、より和風な印象になる気がしたので生成りを選びました。

てぬぐいのアップの写真

b:伝統工芸シリーズは、これで三回目ですが、日本のものづくりとコラボレートするときに、鹿児島さんがこだわっていることはありますか?

鹿:こだわりというのとはちょっと違うかもしれませんが、伝統工芸シリーズの図案を描くときは、自分がどこかの国の日系3世くらいになったイメージで取り組むようにしています、笑。

b:えっ?それはどういうことですか?

鹿:日本人だけれども、伝統工芸に対する知識も経験も少ないというような、架空の人を勝手に設定して取り掛かるんですよ。

b:それは、とても面白いですね。鹿児島さんらしいアプローチかもしれません。

鹿:伝統工芸は、歴史もあり、とにかく奥が深いものなので、本来、僕が短期間で学んだくらいでは、関われない仕事だと思うんです。コラボレートさせていただくのは、ほんとうにありがたいですが、勉強しても、到底、追いつけません。そこで、あえて日本人としてではなく取り組むような考え方をしています。

b:伝統工芸の真髄を分かりすぎても、よくないということでもありますか?

鹿:そういう感覚はありますね。もちろん、それぞれの工芸について、できるかぎり勉強をさせていただいて、工場や工房に足を運び、お話を聞きます。ただ、すべてをわかりすぎてしまうと、自由な発想が出にくくなるというのはあるんじゃないかと思います。

b:それで、どこかの国の日系3世という設定になったんですね。

鹿:はい。どこの国の誰とも、どこで育った人ともわからない人に、成り変わったつもりで、その工芸をはじめて知った人の気持ちになってみると、新たな発見もあります。

b:伝統工芸シリーズは、これからも続けていけるといいですね。

 

てぬぐいを干している写真

Talk with Makoto Kagoshima vol.7 てぬぐい

Talk with Makoto Kagoshima 記事一覧を見る