ZUAN&ZOKEI by Makoto Kagoshima

INFO & BLOG お知らせ&ブログ

Q3 「かみ添」の嘉戸浩さんとはどんなやりとりをしたの?

 

ZUAN & ZOKEIのプロダクトの成り立ちや誕生秘話を、鹿児島睦とともにたどる Talk with Makoto Kagoshima。Vol.4は、唐紙です。

鹿:僕は、できあがった図案を嘉戸さんにお送りしただけです。色や構図に関しては「嘉戸さんの好きなようにしてください」とお伝えしました。

b:嘉戸さんは職人さんなので「好きなように」というのに、最初は戸惑われたようでしたね。

鹿:そうでしたね。注文に忠実に答えるのが職人さんですから、戸惑いはあったようです。でも最終的には、光の当たり方で見え方の変わる金や銀を使ったり、二色刷りしたりと、斬新な配色にも挑戦してくださいました。

b:紙の選定や色の組み合わせは、ほとんど嘉戸さんにお任せしましたね。特に、ザクロのインテリアパネルは、ツートーンにするなどアレンジがきいていました。

鹿:全面的にお任せしましたが、実は、ひとつだけ嘉戸さんにお願いしたことがあるんです。

b:そうでした。「汚し」のことですよね?

鹿:はい。僕は、陶芸作品をつくるときに、お皿の中にわざと、塗り残しとか削り残しを入れるんですね。

b:あえて、それを入れるんですか。

鹿:はい、あえてですね。陶芸家はこれを「汚し」と呼ぶんですが、この汚しは、絵の背景となる素材とその上にあるイラストレーションをつなげる役割を担っていると僕は思っています。

お皿のアップイメージ 汚しが見える

b:それは、手作りの味のようなものですか?

鹿:そうだと思います。

b:唐紙でも、その味を表現したいと思ったんですね?

鹿:そうなんです。それで、嘉戸さんにあえて、汚しをお願いしました。

b:嘉戸さんは、当初「それは難しいかもしれない」とおっしゃったとか。

鹿:はい。嘉戸さんは、僕のお願いをすぐに理解してくださいましたが、彫り師さんにはお願いしにくいかもしれないとおっしゃいました。汚しもデザインとして表現し、彫り師さんに指示するほうがよいだろうということでした。

鹿:汚しは、パッと見てわかるものではないんですが、どうしても入れたかったので、嘉戸さんには「完璧でなくていい、仕方なく汚しが入ってしまうというのがいいんです」とお伝えしました。

ライオンとトラの図案の木版のイメージ

b:同じ手仕事といっても、鹿児島さんと職人さんでは、手仕事の味に対しての考え方が異なったということでしょうか。

鹿:そうだと思います。僕の考えている汚しは、彫り師さんにとっては、彫り残しになるということなので。

b:最終的には、嘉戸さんが鹿児島さんのリクエストを形にしてくれました。

鹿:嘉戸さんは、僕の考えている汚しと、彫り師さんの汚し(彫り残し)のあいだに差があってはいけない、僕の考えているデザインに彫り師さんが別の考え方を入れてはいけないと感じてくださいました。

b:時間をかけて、進めてくださいましたね。

鹿:嘉戸さんは、時間をかけて、僕のうつわの絵付けや汚しの入り方を見て、たくさん研究をしてくださったうえで、彫り師さんに通訳してくださったんだと思います。

b:コラボレーションがいい方向に向かい、実現していったのはとてもよかったと思います。

鹿:ほんとうにそうですね。僕は、自分の図案に人の手でアレンジが入ることは、とても楽しいので、汚しのことも含めて、嘉戸さんに何もかもお願いしてしまいました。結果的には、とてもいいコラボレーションになりました。

次のインタビューは「久留米絣」についてです。お楽しみに。

髪を切り抜いた図案の形が貼っているイメージ

Q2 どうしてこの図案になったの?

 

ZUAN & ZOKEIのプロダクトの成り立ちや誕生秘話を、鹿児島睦とともにたどる Talk with Makoto Kagoshima。Vol.4は、唐紙です。

b:京都の唐紙職人、嘉戸浩さんとのコラボレーションでインテリアパネルを制作することが決まり、私たちからは「和のものでも、洋のものでもない図案」はどうかという提案をしたと思います。

鹿:そうですね。僕は、そのアイデアに賛成でした。

b:この図案は、どういった発想で生まれたんですか?

鹿:唐紙は中国から伝来し日本で発展しました。「唐から来た紙」という名前からしても、日本の技術と大陸の技術のハイブリッドだと感じていて、だから、あえて日本の伝統工芸というのは意識せずに、まっさらな状態から「唐紙ってなんだろう」と自分に問いかけてみました。その答えが、ここに図案としてでてきたという感覚があります。

b:具体的には、どこから描きはじめましたか?

鹿:まず西洋的な概念であるシンメトリーを意識しました。その中に東洋的なモチーフを配置したいと思いました。

b:大きいサイズの唐紙パネルは、東洋的なトラと西洋的なライオンが、対になっていますね。

鹿:そうなんです。

東洋的なトラと西洋的なライオンが対になっている図案のイメージ

b:トラとライオンをシンメトリーに置くという構図は、さすがだなあと思いました。

鹿:象徴的に配置できたような気がしますね。

b:小さいサイズの唐紙パネルの図案は、鹿児島さんならではの植物画です。

鹿:唐紙も唐草模様もシルクロードを経て日本にやってきたというところから、図案をイメージしました。小さいパネルの図案は、ザクロの木です。ザクロは、世界地図でいうとちょうど、東洋と西洋を結ぶシルクロードの真ん中の地域、ペルシャあたりの果実という説があります。

b:なるほど、そうなんですね。

鹿:そういう由来から、和でも洋でもない雰囲気を表現するのにいいモチーフではないかと思いました。

b:どちらもエキゾチックな雰囲気のある図案になりました。

鹿:「和でも、洋でもない図案」は、日本の唐紙に刷っていただくことで、どこのものでもない、独特な雰囲気に仕上がりましたね。

b:はい。どちらも鹿児島さんらしい図案ですが、唐紙に刷ることで、ハンドメイド作品ともまた違った、新しくて魅力的な作品になったと思います。

鹿:嘉戸さんが、この図案を、さまざまな色のパターンで唐紙に刷ってくださったのもよかったですね。

b:その色の使い方が、また新鮮でしたね。

ざくろの唐紙のイメージ

鹿:伝統工芸の唐紙を、現代のインテリアに取り入れてもらえるような提案ができたでしょうか。

b:嘉戸さんと鹿児島さん、お二人のお力のおかげでいい提案ができたと思います。鹿児島さんが自由な発想で描く図案が、職人さんの創作意欲を掻き立てるところもあると思いますし、その反対もありますよね。

鹿:そうですね。嘉戸さんのお仕事を拝見して、それに応えられるように、僕も頑張らなくてはと思いました。

b:実際の作業としては、鹿児島さんが考えた図案が、嘉戸さん経由で、まずは、京都の彫り師さんのもとに送られ、版木となるんですよね。

鹿:はい。できあがった版木に雲母や胡粉をのせ、その上に胡粉で染めた和紙を置き、嘉戸さんが、一枚一枚、手で刷っていきます。

b:手で刷るので、印刷とは、色の乗り方が全然違いますね。

鹿:光のあたり方で図案の見えかたが変わる、本当に綺麗な手仕事です。

b:ZUAN & ZOKEIの伝統工芸シリーズでは、日本の工芸の伝統を敬いながら、その枠にとらわれない発想で、さまざまな世代や海外の人にも届くプロダクトをつくっていきたいと思っています。

次回は、嘉戸さんと鹿児島さんの間でどんなやりとりがあったか教えて下さい。

鹿児島睦さんが会話しているところのイメージ

Q1 唐紙が生まれたきっかけは?

 

ZUAN & ZOKEIのプロダクトの成り立ちや誕生秘話を、鹿児島睦とともにたどる Talk with Makoto Kagoshima。Vol.4は、唐紙です。

biotope(以下・b):2013年に「鹿児島睦の図案展」をはじめて開催しましたが、その半年ほど前に、唐紙職人の嘉戸浩さんにお会いしたのがきっかけです。

鹿児島睦(以下・鹿):嘉戸さんには、あるパーティで、知人の紹介でお会いしました。図案展の準備をすこしづつ進めているときでしたね。

b:「鹿児島さんの作品の魅力は図案にある」として、図案にフォーカスする展示方法で、鹿児島さんの作品世界を広く伝えるというはじめての試みでした。ハンドメイド作品とは違う形で、鹿児島さんの図案を表現するにはどうしたらいいか、ちょうど考えていた頃、鹿児島さんと一緒にいるときに嘉戸さんにお会いしました。

鹿児島陸さんが図案を見ているイイメージ

鹿:嘉戸さんは、京都で「かみ添」という唐紙工房を営んでいるとおっしゃって。

b:異色の経歴を持っている方だったんですよね。

鹿:そうなんです。お話をしていくうちに、京都やサンフランシスコの美大でデザインを学んだのち、ニューヨークでデザイナーのお仕事を経て、帰国後、京都の唐紙の工房に入った方だということが分かったんです。

b:その後独立して、京都の西陣にショップ兼工房「かみ添」をオープンされたそうです。日本の伝統工芸に携わりながらも、伝統だけにとらわれない広い視野をもってものづくりをしていることが伝わってきました。お仕事を拝見すると、技術はもちろん、デザインや配色がとても素敵でした。

鹿:僕も、素晴らしいお仕事だと思いました。

b:私たちは、以前から、鹿児島さんの作品には、国を超えて人に伝わる魅力があると感じていたんです。

鹿:そうですか。それは嬉しいです。

b:新しい視点を持ちながら伝統工芸に取り組む嘉戸さんと出会って、海外の人にも興味をもってもらえるものづくりができるのではないかと考えました。

鹿:biotopeから、嘉戸さんとコラボレートしてはどうかという提案をいただきましたよね。

図案のアップイメージ

b:初対面でありながら、鹿児島さんと嘉戸さんがお話している雰囲気がとてもよかったことも、コラボレートをお願いした理由のひとつなんです。

鹿:そうだったんですか。僕は、ただ普通にお話をしていただけですが、確かに嘉戸さんはお話がしやすい方でした。

b:嘉戸さんも、穏やかにお話をされる方なので、初対面でもお話しがしやすかったのではないでしょうか。お二人の雰囲気、とてもよかったです。

鹿:ZUAN&ZOKEIの伝統工芸シリーズは、こうしてスタートしたんですよね。

b:はい。お二人で一緒になにかを手掛けたら、とてもいいものができそうな気がしました。

鹿:唐紙は、中国から伝来し、平安時代には日本独自の美意識と技術で進化を遂げたそうで、日本では、つい立てやふすま障子など和室の装飾に欠かせないものになっています。

b:そうした伝統工芸を、和の空間だけでなく、欧米化した現代の部屋はもちろん、海外の家にも取り入れてもらうには、どんなアイテムがいいかというお話からはじめましたね。

鹿:アイテムについては、bitotopeから提案してもらいました。

b:インテリアとしても取り入れられるアイテムはどうかというご相談をしたと思います。

鹿:それでインテリアパネルがいいのではないかという話になったんですよね。

b:海外の人にも興味を持ってもらえそうなコラボレーションがはじまって、わくわくしました。インテリアパネルの図案で、現在は、嘉戸さんによる小便箋セットと二つ折りカードセットを販売しています。

次回は、なぜこの図案にいたったのかを聞かせてください。

図案の引きイメージ