注目キーワード
  1. 恋愛
  2. 結婚
  3. お金
  4. 年収
  5. 仕事

【暴露】合同会社ファストチェンジの松井颯人氏の評判について調べてみた

Webメディア事業やWeb制作・マーケティング事業などを手掛ける合同会社ファストチェンジの代表を務める松井颯人さん。
Web制作においては単にサイトを作るだけでなく「売上の上がりやすいサイト制作」を心がけ集客に強いサイト制作を行うなどし、大きな成果をあげていることから評判を耳にしたことがある方もいらっしゃることでしょう。

また、若くして大きく稼いでいるという事実も話題となることが多々あり、その手法やノウハウに注目が集まることも少なくありません。

ここではそんな合同会社ファストチェンジの松井颯人さんに関する評判や口コミについて調べてみたので気になっている方は参考にしてみてください。

合同会社ファストチェンジ代表の松井颯人さんの経歴について

まず初めに簡単に松井颯人さんの経歴について見ておきましょう。

2018年に明治大学を卒業し、翌2019年に合同会社ファストチェンジを創業します。

合同会社ファストチェンジの代表として活躍するほか、個人としてもWebマーケティングや起業に関するセミナーを開催したり、セールスライターとして活躍していたりと活動の幅は非常に広い方です。

大学卒業後すぐに起業し、まだ数年しか経っていないにも関わらず会社の年商は1億円を超えているとのことでその実力の高さがうかがえます。

冒頭に記載した通りWeb制作やWebマーケティングに関するスキルが非常に高く、そうしたノウハウを伝授するセミナーや講義も数多く開催しており、多くの方が参加し好評を博しているそうです。

合同会社ファストチェンジについて

合同会社ファストチェンジは東京都中央区銀座にオフィスを構え、主に以下の3つの事業を展開する企業です。

事業フィールド 概要
Webサイト制作 通常のWebサイト制作からLP制作、Webサイトリニューアルなどを行うが、単に作るだけでなく、売上を加速させるための仕掛けづくりの支援を行っている
Webマーケティング・コンサルティング SEO対策や各種リサーチ・分析も含めたWeb集客戦略の立案から実施の補助までWebマーケティング全般の支援
Web広告運用 リスティング広告やディスプレイ広告などのインターネット広告の運用

上記の3つの事業を柱としていますが、それぞれの事業において、単に依頼された作業を行って終わりということではなく、お客様としっかりコミュニケーションをとり、結果・成果が出せる仕組みづくりを行うことで多くのお客様の悩みを解消してきた実績があります。

合同会社ファストチェンジ代表の松井颯人さんの口コミ・評判

合同会社ファストチェンジの松井颯人の評判について紹介・解説したいと思います。
同氏が開催するセミナーが気になるといった方や仕事を依頼するにあたりどうなんだろうと思っている方も多くいらっしゃるかと思いますが、良い評判も数多くある一方で、いくつか悪い評判もありました。

ここではセミナーに関する評判をまとめてみましたのでご覧ください。

良い評判について

松井颯人さんの良い評判としては、

「セミナーに参加することでSEOに関する理解が深まり納得感のある内容であった」
「セミナー動画はWebライティングに関して指導してもらったが体系的に整理された内容だったため、自分の能力で足りない部分や改善すべき事項が明確になり勉強になった」
「SEOやWebライティングに関するノウハウも役立つが人の行動や思考に関するビジネスの基本に役立つことが学べた」
「ビジネスを行う上で大切なマインドや知っておくべき事柄が学べた」

といった内容のものがあげられており、これからビジネスを始めようとしている方で特に集客について学びたい人がセミナーや講義を受講してみると良さそうだという内容のものが多い傾向です。

また、単に手法や情報を知ることができるという部分だけに良さがあるのではなく、そうしたスキルを具体的にどのように利用して稼いでいるのか?といった視点での学びがあるので、非常に有用だったという声が多くありました。

これまで闇雲にビジネスに取り組んでいた方が体系的にしっかりとした内容を学ぶことで軌道に乗せることができるようになったという内容のものが多くあります。

悪い評判について

松井颯人さんの悪い評判はそれほど多くありませんが、「悪質な情報商材を販売している」といった声もいくつか見受けられました。

情報商材(セミナー等)にありがちですが、買ってみたけど実施せずに批判する方、たいした努力もせずに批判だけしているという方も多くいらっしゃり、そうした方が批評している可能性は高いと言えるでしょう。

また、この後に紹介しますが、セミナーの中で「ビジネスにおいては真似をすることも重要である」といったことも言っておられるのですが、これを一部勘違いしている人もおり、著作権を侵害するようなことをしているといった評判も一部でありました。
著作権を侵害するような他者の商品あるいは商材を模倣するといったような指導は行っておらず、例えばビジネスモデルであったり物事の考え方といった部分で既に成功している人々の真似をすることで成功体験を積んでいくということをこちらのセミナーでは言っています。
なので、こうした悪い評判にあるような著作権の侵害というのは恐らく勘違いであると考えられます。

確かに世の中には悪質な情報商材も多くありますが、こちらのセミナーに関しては「ビジネスに役立つ情報を学ぶ」という視点に立てば良い情報であるという評価が多いかと思います。

なお、楽して稼げる裏技的なノウハウを紹介しているわけではなく、真っ当にビジネスをして稼げるようになるためのポイントを紹介しているセミナーとなるので、「楽して稼ぐ裏技的な方法が知りたい」といった考えを持った方には合わないでしょう。

セミナーで具体的に学べる事

セミナーでは「SEO(集客)」「Webライティング」「ビジネスマインド」の3つが学べると記載させていただきましたが、これらについてもう少し具体的に深堀していきたいと思います。

SEOについての学び

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で「検索エンジン最適化」、つまりGoogle等の検索結果で上位に表示されるために行う対策のことです。

Googleはこれまでの数多くのデータからユーザーの検索意図をしっかり把握することができるため、検索キーワードに対してその答えがしっかり掲載されているユーザーが欲しいと思った情報(サイト)を上位表示する傾向にあります。

また、それに加えてサイトが多くの人から支持されているかどうかということも重要な要素となるため、被リンクの獲得が重要事項となります。

こうしたことから、SEOを行うにあたって、

  • 自分の書きたいことをただ書いても上位表示はできない
  • ユーザーがニーズを調査し、検索意図に沿った情報を記載する必要がある
  • 被リンクの重要性

をしっかり理解しておく必要があります。

特に初心者にありがちなのが、自分が主張したいことだけを書いてしまうということです。

ユーザーが検索するときは、何か調べものをしている時であり、答えを探している時です。
そのような中で自分が書きたいことを書いてもユーザーニーズに合致しませんのでGoogleで上位表示することは困難となります。

なので、ユーザーについてしっかり調査しどういった情報を求めているのかを意識したサイト作り・コンテンツ作りが重要になってくることがわかるかと思います。

サイトを作り込んでからこれらを意識して作り直すのは大変ですので、これからネットを活用してビジネスを展開しようと思っている方やメディアを作ってみたいと思っている方はセミナーを見ておくと良いかもしれません。

ユーザーニーズを探る方法としては、例えば、Googleで検索した際に表示される関連キーワードが利用できます。
同じワードを検索した方が他にどういったことを調べているのかということがここからわかるため、それらも加味したコンテンツを作成することで、ユーザーニーズが満たせる可能性が高まります。

この他にも具体的にユーザーの検索意図を読み取る方法等を事例を通じて解説してくれますし、もっと体系だてて解説してくれていますので勉強になるかと思います。

その他、SEOにおいては被リンクの有無が非常に重要になってくることも学べます。
被リンクというのは、他のサイトから自分のサイトへ向けられたリンクのことです。

例えば、自分のサイトの情報を参考文献として利用した際にそのサイトからリンクを貼ってくれたりしますが、そういったものが多く集まることで、自身のサイトのパワー(信頼性)が高まり上位表示が可能になります。
また、参考文献として自身のサイトのコンテンツを引用してもらうためにはそれを意識したコンテンツ作りも重要となってきます。

しかし被リンクならなんでも良いというわけではなく、例えば自身が運営するサイトやビジネスのジャンルと合致したようなサイトからのリンクであったり有名企業あるいは有名サイトからの被リンクといったものの方がより効果が高いなど被リンクの獲得に関してもいくつかポイントがあります。

その他、昨今のトレンドとしてはSNSの活用も被リンク獲得で重要となっているので、SNSを用いた方法等も知ることができます。

コンテンツ作り、サイト設計など様々な視点で被リンクの獲得の仕方が学べ、総合的にSEOについての知識が深まる内容となっているようです。

Webライティングについての学び

SEO対策がうまくいき、上位表示されてもクリックされて商品を購入あるいは問い合わせをしてもらわないと売上はたちません。
そのため、問い合わせや注文を取るためにはセールスライティングが非常に重要となってきます。

ありがちな失敗として、自身の商品の良いところをたくさん書いてしまうというものがありますが、セールスライティングを行う時はユーザーのベネフィットを意識することが重要となります。

どういうことかというと、その商品を買うことでどのような未来があるのかということが想像できるかどうかというところが重要となります。

先ほどのSEOの項目での説明と通ずる部分もありますが、ユーザーは何かしら悩みを抱えていてその答えを知りたがっています。
そのため、あなたの販売する商品やサービスを購入することで「こんな良いことがありますよ」、「こんな悩みが解消されますよ」、「こんな暮らしができますよ」といった形でユーザーに未来体験を想像させることが大切です。

ただ、難しいのがどういったベネフィットを選択してライティングしていくかということなのですが、こうした部分の手法にもしっかり触れており、「ターゲットを明確化」し「そのターゲットの悩みを抽出」、そして「共感してもらえるストーリー作り」について解説してくれています。

誰に何を伝えたいのかを明確にすることが重要となります。

そして、合同会社ファストチェンジ代表の松井颯人氏はベネフィットだけでなく、「恐怖」を伝えることもライティングにおいては重要だと言っています。

自分にとって利があるというのも訴求としては強いのですが、それ以上に人は損失回避傾向を強く持っていることからその人にとっての利益だけでなく損失による恐怖を伝えることがユーザーアクションの後押しとなります。

この恐怖とベネフィットをうまく組み合わせてライティングを行うことでお問い合わせや購入へと繋げる確率が高まります。

流れとしては、例えば、

  1. このままだと何かしらの恐怖が訪れることを訴求
  2. 更に具体的な事例を用いて恐怖を高め、大きな損失に繋がってしまうかもしれないということを暗示
  3. しかし、そういった恐怖を取り除ける商品やサービスがあることを提案
  4. その商品あるいはサービスを活用することでどのような未来(ベネフィット)が待っているのかを想像させる

といったような構成が考えられます。

ここまでベネフィットと恐怖について記載してきましたが、次に社会的証明とライティングについて記載させていただきます。

社会的証明とは、社会心理学における用語で、集団において自分を支持する意見が皆無だと妥当性を見いだせず疑問を感じてしまうが、一つでも自分を支持する意見(同じ意見等)があれば一変し自信が持てたりすることを指す言葉です。

人は他の人の意見や行動に左右されやすいということが言えるのです。

そのため、この原理を利用してコンテンツやキャッチコピーを作ることであなたのサイトからの問い合わせや購入率が高まります。

具体的な手法としては、例えばよくランキング形式で商品を紹介しているサイトがあるかと思いますが、ランキングもこの社会的証明のテクニックの一つです。

「皆が良い物と言っている物=良い物」と思ってしまうことも多いかと思いますが、皆が良い物というものは社会的に認められたものであると判断してしまいがちなのです。
特にあなたが自身の無い分野や知識の薄い分野に関してはこの傾向は顕著です。

そのため、ランキング1位といった触れ込みは非常に効果的であり、ここまでで紹介したライティングテクニックに加えてこの社会的証明を加えることでより一層売れやすくなります。

ランキングの他には、「お客様満足度〇%」「行列」「口コミ」などがあげられます。

商品の特性に応じてどのような手法を取るのが最適か考えてみましょう。

また、合わせて知っておきたいのが「限定性」のテクニックです。

いつでも購入できそうなものには魅力を感じませんが、緊急的に必要なものあるいは限定性があり手に入り難い物には魅力を感じるものです。

そのため、あなたの商品にもこの限定性あるいは緊急性の必要性を持たせることでユーザーから興味を持ってもらうことが可能となります。

限定性という視点では、例えば「あと〇個で品切れ」「〇日まで限定」といった形が考えられますが、簡単に分類してまとめておきましょう。

  • 時間的限定:〇日まで、〇時までといった期間の限定
  • 量的な限定:数量が限られている限定性
  • 質的な限定:女性のみ、男性のみ、10代といった年齢や性別などの性質による限定性
  • 地域的限定:〇〇県のみ、〇〇店限定といった形で場所・地域による限定性

限定性というと上記のような分類分けが可能となりますので、あなたの商品とマッチする部分でうまく使っていって頂ければと思います。

上記までで紹介した内容はコピーライティングの要素の一部となりますが、こうした人間の行動・心理に基づいたWebライティングノウハウをわかりやすく解説してくれています。

ビジネスを展開する上で最も重要と言っても過言ではないこのライティングを学べるというのは非常に有用です。

これからビジネスを始めるという方にも良いのですが、現在展開しているWebサイトなどで売上や問い合わせが増えずに悩んでいるという方にも良いセミナーとなります。

ライティングにおける重要なポイントを4つ紹介させていただきました。以下の4つの要素をしっかりと学んでください。

  • ユーザーのベネフィットを訴求する重要性
  • 恐怖を感じさせ損失回避の思考を持たせることの重要性
  • 社会的証明による行動促進
  • 限定性による後押しの重要性

経営・ビジネスマインドについて

松井颯人さんのセミナーでは、上記で記載した通りSEOやWebライティングについて学べるので集客スキルが身につくという特徴がありますが、ビジネスマン・経営者としての思考が身につくというところも非常に大きなポイントです。

特徴的な内容としては、「人のせいにしない」「失敗の重要性」「成功者の真似をする」「経営者思考」の4つを学ぶことができます。

一つずつ簡単に見ていきましょう。

人のせいにしない

人のせいにしないというのは、うまくいかないことを誰かのせいにしてしまうことで、何が悪くてうまくいかないのかその原因を見つけることができなくなってしまい、結果的に利益を上げることができなくなってしまうということです。

うまくいかない時に他人や他の何かのせいにしたくなる気持ちはわからなくはないのですが、その状況から目を背けて現実逃避をしても何も生まれません。
その状況を真摯に受け止め、自分自身に原因があるかもしれないというマインドを持ち、振り返ってみることでうまくいかない原因や背景がわかってくるものです。

そうしたことを繰り返し、気付きを得ていくことで自身が成長し、ひいてはビジネスの成長・成功につながっていくということです。

失敗の重要性

「失敗は失敗ではない」と松井颯人さんは言っています。

失敗は成長の糧とよく言われますがビジネスでも同様です。

うまくいかないからといってすぐ諦めるのではなく、トライ&エラーでどんどんチャレンジすべきなのです。
もちろん闇雲にトライするのではなく、失敗することで何をやったらうまくいかないのかが一つわかるかと思いますので、そうした失敗を繰り返し過去のデータを活かすことで最終的に成功へと繋げていくことができるということです。

失敗をするのは辛いですしモチベーションを保つのが大変ですが、どのような起業家も失敗無しで成功された方はいません。

「失敗があるから成功することができる」ということが予めわかっていれば、失敗を恐れてチャレンジしないということもないでしょうし、1つの失敗で心が折れてしまうこともありません。

こうした失敗の重要性をセミナーで学ぶことができます。

成功者の真似をする

松井颯人さんはビジネスにおいてはカンニングが可能という言葉を残しています。

過去に成功している経営者やビジネスモデルを真似することで大きな失敗を避けてビジネスを広げていくことが可能です。

ビジネスにおいて、自分のオリジナリティーを出したがる人が非常に多いのですが、多くの方がそれで取り返しのつかない失敗しています。

先ほどの成功するためには失敗が必要という話と一見矛盾しているように見えるかもしれませんが、先人の失敗例を見ることで、必要のない失敗や取り返しのつかない失敗を避けることができ、成功例を見ることでどういったビジネスモデルで事業を展開していけば稼げるのかがわかるのです。

人の真似をするのは良くないことだと思っている人もいるかもしれませんが、何事もまずは真似から入ってスキルを高めていくのが通例です。

例えば絵の世界でも模倣することで絵の技術を磨いていきますし、書道などでも同様です。

スポーツでも基本の動作や一流選手の真似をすることで基本を身につけスキルを身につけます。

そしてそうした真似の先にオリジナリティーを付加し、新たな価値を生み出していくのです。

ビジネスにおいても同様で、過去にあったビジネスを模倣し、オリジナリティーを付け加えることで新たな商品としてブレイクしたものも数多くありますし、大半がそうです。

ただ、誤解して欲しくないのが商品をそのままパクってよいということではありません。

真似するのはあくまで成功している方のビジネスモデル(ビジネスのやり方や作り方等)であったり、考え方の部分です。

これらを真似することで取り返しのつかない大きな失敗を避けつつ成功へと進んでいくことが可能です。

経営者思考が学べる

ビジネスの成功は二次曲線的であるということを学ぶことができます。
これは非常に重要です。

例えば、最近ですとブログやメディアサイトを作って稼いでいきたいとお考えになる方が非常に多いのですが、ブログを開設しても閲覧者はすぐには増えません。

それどころか、1年、2年とやっても大して閲覧者が増えず効果が上がらないことから途中であきらめてしまう方が大半です。

しかし、諦めずに続けているとある一定のラインを越えてくると一気にアクセスが増え、売上は伸びるのですがそこまで諦めずに続けることができないのです。

ビジネスも同様で、当初イメージしていたような成果はなかなかあがらないものなのですが、途中であきらめてしまい、成長しきる前に辞めてしまうのです。

イメージとしては以下の図のような形となります。

多くの物事がこのように二次曲線的に成長していくことを知っているかどうかというのは非常に重要です。

ここまでで記載してきたような、集客やWebライティングに関するノウハウを学び、正しくPDCAを回していれば上記のような成長曲線を描くのです。

これを知らなければせっかく良いところまで行ったのに途中であきらめてしまうといったこともあり得るのです。

松井颯人さんのセミナーでは、こうしたビジネス成功までの道のりには自身が持つイメージとその現実に大きなギャップがあることを知ることができ、それに対する対処法も知ることができることができます。

この経営ビジネスマインドの項目ではビジネスをする上でとても重要な要素である以下の4つのポイントが学べることをお伝えしました。

  • 人のせいにしないことの重要性
  • 失敗することの重要性
  • 成功者の真似をすることの重要性
  • 経営者思考を持つことの重要性

単にテクニカルスキルだけが身についても稼ぐことはできず、こうしたマインド・物の考え方が重要となります。

松井颯人氏のセミナーはビジネスで成果が上がらず悩んでいる方におすすめ

合同会社ファストチェンジの松井颯人氏のセミナーでは、ビジネスに必須な集客力と成功するためのマインドを解説してくれていますので、これから本気でビジネスを始めようと思っている方、あるいはビジネスを始めたもののなかなかうまくいかないとお悩みの方にマッチすると言えるでしょう。

ビジネスにおける基本的なものごとの考え方と成功のポイントがしっかりと解説されています。

また、ビジネスの中でもインターネットを用いて収益を上げていきたいとお考えの方にマッチするセミナー内容となっています。

インターネットの世界は変化が激しく、自身で情報を取得し勉強するのは意外と難しく、時間も大きくロスしてしまいます。
ビジネスの世界で時間は大変貴重なものですので、短期間でスピーディーにSEOに関するノウハウやWebライティングのコツなどのテクニック的な部分、そしてマインド面まで学べるこのセミナーは非常に有用なものと言っても過言ではないでしょう。

稼げるようになるまでは少なからず時間がかかりますが、経営者思考のところで記載した通り一定ラインを超えると後はどんどん伸びてくるので、短い時間で大きく稼げるようになっていくのです。

こうしたポイントが学べるということも有りますので、興味のある方はセミナー動画などを見てみてはいかがでしょうか。

合同会社ファストチェンジ代表の松井颯人さんの評判のまとめ

合同会社ファストチェンジの松井颯人さんに関する評判や口コミについて紹介させていただきました。

また、同氏が展開するセミナーの内容やどういったことが学べるのかといったことも具体的にご案内させていただきました。

こうしたノウハウを学ぶことで自身のビジネスやネットメディアのマネタイズに成功し稼げるようになったといった評判もそれなりにあることはわかっていただけたかと思います。

本記事を読み、少しでも興味を持ったという方はセミナーを受講し自身のビジネスやサイト運営にも活かしてみてはいかがでしょうか。

最後までお読み頂きありがとうございました。