注目キーワード
  1. 恋愛
  2. 結婚
  3. お金
  4. 年収
  5. 仕事

結婚後は共働きがいい?家庭に入りたい?20代男性の10%以上が自分が家庭に入りたいと回答

共働き世帯が増えていますが、女性の友人と話をしていると専業主婦希望の人や仕事は辞めたいと思っているという人は意外と多くいるなという印象を受けました。
ただ、こういうご時世だから将来の不安も考えると、働いておいた方が良いだろうと思い、仕方なく働いている方も多かったです。

今回は、実際のところ結婚したら共働きがいいのか、それとも家庭に入りたいのか、また、女性だけでなく男性はどう思っているのか調査してみました。
※調査方法:インタネットリサーチ、調査対象:20歳~39歳までの男女233名、調査日:2021年8月6日

結婚後は共働きを希望する方が70%

結婚後の働き方に関する意識調査結果:20代男性は自分が家庭に入りたい人が10%以上

まず、全体の割合を見ると、共働きを希望する方が72.53%と7割以上いらっしゃることがわかります。
男女別でみると、女性の約7割、男性の8割は共働きを希望しています。
パートナーに家庭に入ってもらいたいと思っている割合は、男性の約13%、女性は一人もいらっしゃいませんでした。

結婚後の働き方 全体 男性 女性
パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 24.46% 3.70% 30.73%
共働きが良い 72.53% 83.33% 69.27%
自分が外で働いて、パートナーには家庭に入ってほしい 3.00% 12.96% 0.00%

20代男性の11%が自分が家庭に入りパートナーに働いてもらいたいと回答

性別・年代別の結婚後の働き方の希望

年代、性別に分けて見てみると、20代、30代及び男女ともに共働きを希望されるケースが7割以上となっています。

しかし、20代男性に限っては、11.76%もの人がパートナーの女性に働いてもらいたいと思っているという結果となっています。
一方で、女性側は相手に家庭に入ってもらいたいと思っている方が皆無でしたので、ミスマッチが起こりえる状況となっています。

年代性別別の結婚後の働き方の希望調査結果

結婚後の働き方希望 20代男性 20代女性 30代男性 30代女性
パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 11.76% 26.47% 0.00% 33.33%
共働きが良い 82.35% 73.53% 83.78% 66.67%
自分が外で働いて、パートナーには家庭に入ってほしい 5.88% 0.00% 16.22% 0.00%

女性は家庭に入りたいと思っている人も意外と多い

30代女性の3割は結婚後は家庭に入りたいと思っており、一方で30代男性の16%は相手の女性に家庭に入ってもらいたいと思っている状況です。
基本的に女性の方は家庭に入りたいと思っている方は意外と多く、共働きを選択した方の中にも「生活に余裕が無いから仕方なく」ということで共働きを選択している方が多く、男性側に一定の稼ぎがあり、将来の安定が見えていれば共働きではなく家庭に入りたいと思っている人はかなり多そうであると言えます。

パートナーに家庭に入ってほしいと言われた6割が家庭に入る。男性でも4割以上が家庭に入ると回答

パートナーに家庭に入ってほしいと言われたら入るか?調査結果

パートナーに家庭に入ってほしいとお願いされた場合は60%以上の方が家庭に入ると回答しました。
特に女性はこの傾向が強く65%が家庭に入ると回答していますが、男性側も44%が家庭に入ると回答しています。

家庭に入るとした女性の意見としては、「家庭に入るのが昔からの夢(憧れ)」「働く必要が無いのであれば家のことをしっかりやりたい」「相手がそれを求めるなら叶えたい」といった意見がありましたが、一方で家庭に入らないとした女性の意見としては、「今の仕事が好きだから」「社会とのつながりを持っておきたい」といったものが挙げられました。
意見は様々ですが、家庭に入りたいという女性は意外と多いということがわかりました。

男性側の意見を見てみると、家庭に入らないと回答した方の意見として、「男は働かないといけないという価値観が社会的にあるから」「男だから仕事をする」「偏見かもしれないですが、男は働いてなんぼだと思っているので。」といった形で、社会的に男性が働かないということが認められない風潮があり、それを考えると家庭に入るのは怖いというものが多くありました。
実際のところ、育休を男性が取るだけで未だに白い目で見られることも多いので、家庭に入るとなるとなかなか難しいのが現状でしょう。

一方で家庭に入ると回答した男性の意見を見ると、「相手の考えも尊重し話し合い問題無いなら入る」「家事は意外と嫌いじゃないから問題ない(生活費を稼いでくれるなら)」「働きたくないので相手が働いてくれるならそれが良い」といった意見があり、内容はバラバラではありますが、家庭に入るという選択肢を視野に入れる男性も意外といるということがわかりました。

パートナーから家庭に入ってほしいと言われた際の対応の調査結果
相手に家庭に入ってほしいと言われたら 全体 男性 女性
家庭に入る 60.52% 44.44% 65.36%
家庭に入らない 39.48% 55.56% 34.64%

なお、傾向としては、男女問わず20代の方が家庭に入るとする人の割合は高く、30代の方がどちらかというと低い傾向です。
特に男性は20代男性は半数以上が家庭に入ると回答しています。

価値観が変わってきていることがわかる調査結果となりました。

年齢・性別ごとのパートナーから家庭に入ってほしいと言われた際の対応の調査結果
相手に家庭に入ってほしいと言われたら 20代男性 20代女性 30代男性 30代女性
家庭に入る 52.94% 67.65% 40.54% 63.96%
家庭に入らない 47.06% 32.35% 59.46% 36.04%

結婚後の働き方は共働きが良いと感じている人が多いが潜在的には家庭に入りたい人が多い

現実的なところを見ると共働きが良いだろうと考えている人が多く、7割以上は共働きをしたいと回答しました。
ただ、潜在意識まで探っていくと、特に女性は家庭に入りたい、もしくは仕事をそんなにしたくないと思っている人も結構多いことがわかりました。
ただ、昨今の経済状況等の影響もあり、将来の不安や収入がなかなか上がらないという問題もあるため、共働きを選択される方が多いという結果となっています。

最後に、本調査に回答してくれた方の意見の一部を紹介して終わりにします。

結婚後の働き方に関する調査結果と回答者の声一覧を見る
結婚後の働き方に関する調査結果と回答者の声一覧
性別 年齢 結婚後の働き方は共働きが良い?それとも家庭に入りたい? 回答理由をご記載ください 結婚相手から仕事を辞めて家庭に入ってほしいと言われたらどうしますか? 理由あるいは意見があればご記載ください。
女性 20代 共働きが良い 旦那の給料だけでは不安なので。子供に多くのお金を使ったり、趣味を楽しみたい。 家庭に入る 特にやりがいのある仕事についているわけではないので、私が働く必要のないお給料を稼いでいるようであれば家庭に入る。
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 子供が欲しいのでこのように考えました。小さいうちから保育所等に預けるのは自分の理想育児とはかけ離れるのできちんと家で、自分の目で見て育てていきたいので、働きで出る事はできるだけしたくないと考えています。 家庭に入る もともとその方が理想なため。
女性 20代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 自分は家から出たく無いので、やっぱり家事をやって旦那には働いて稼いで貰って養って欲しい。 家庭に入る 家庭に入って欲しいはとても自分にとっては幸せな事だから入らない理由がない。
女性 30代 共働きが良い ダブルインカムの方がいろんな選択肢が増えるから 家庭に入らない 専業主婦以外にも自分の働ける場所ややりがいを感じられる場所などがあった方がいいから
女性 20代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 子供の面倒を見たり家事をしたいから。 家庭に入る 昔から結婚したら家庭に入り専業主婦になりたいと思っていたから。
男性 30代 共働きが良い 家にいると退屈。社会をしり、ストレス発散にもなるので、互いに家庭以外の拠点を持つのがよいとおもう。 家庭に入る 望みはなるたけかなえてあげたいから
女性 30代 共働きが良い 旦那の給与が十分にあり生活に余裕があれば専業主婦もいいかもしれないがやはり二人働いたほうが生活が安定すると思うので共働きが良いです。 家庭に入らない 家で子育てだけしてるのは嫌なので仕事は続けると思います。家のこととフルタイムでの仕事の両立がしんどかったらパートで働き出すようにすると思います。
女性 20代 共働きが良い 子供を持つつもりがない、住宅を買う予定がなければ共働きでなくてもいいと思いますが、子供が欲しかったり住宅を買うつもりなら教育資金を貯めたりローン返済の為に片方に負担が片寄るのは大変なので共働きの方がいいと思います。 家庭に入る 自分が仕事を辞めても食べていけるだけの稼ぎがあるから言っていると思うので、その時は喜んで家庭に入ります。
女性 30代 共働きが良い 共働きしてた方がお金が入ってくるし休みの日は2人で出かけたりして楽しいから 家庭に入る 相手が家庭に入って言われたらその通りにしてしまうと思う仕事してもいいけど一緒の時間少なくなったら家庭に入ります
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 家事が好きなので専業主婦になりたいから 家庭に入る パートナーが望むならそれに従いたいし、何より家庭に入ることが自分の望みだから。
女性 30代 共働きが良い 子供の教育費や老後資金、住宅購入などを考えると共働きをして蓄えを少しでも多く残したいから。また、お金がないと喧嘩も増え、関係がギスギスしそうだし、余裕のある生活がしたいから。 家庭に入らない 家庭にずっといるのは非生産的だし、ストレスが溜まるから。
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 家庭のことだけに集中したいです。 家庭に入る なし
女性 20代 共働きが良い ずっと自宅にいるよりも、金銭面でも豊かになり、より夫婦で楽しめることが増えそう。 家庭に入る 相手の収入がしっかりあり、働かなくても良いと判断した場合は相手の希望通りにしたい。
女性 30代 共働きが良い 共働きの方が収入面で安定しているため。

働かず家にいても社会と切り離されてしまうので、働きながらゆとりのある生活をしたいと思っています。

家庭に入らない 家庭だけに専念すると、暇になって子供の学校関係など対人関係が面倒になる気がします。

実際に周りの専業主婦のママ友はいつも暇暇といいながら、人のうわさ話ばかりです。

私自身がああはなりたくないと思っているので専業主婦にはなりたくないなと思ってしまいます。

男性 20代 共働きが良い 経済的に 家庭に入らない 入らない
女性 20代 共働きが良い 自分が自由に使えるお金は持っておきたいからです。 家庭に入らない 妊娠中や子供が小さいうちは難しいと思いますが、社会とのつながりを持っておきたいです。
男性 20代 共働きが良い お金があればあるほど良いと思うから。 家庭に入らない お金が必要だから。
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 私は体調を崩しやすく仕事が続かないので、家事全般を引き受けるほうが上手く生活できる。 家庭に入る 専業主婦の母親を見て育ってきたので、自分が同じような生活を送ることに抵抗はない。
女性 30代 共働きが良い パートナーが病気やけがで働けなくなっても、生活への心配を最小限にとどめることができる

また、それぞれが自分で稼いでいることで、相手への負目なくある程度中にお金を使うことができる

家庭に入らない 相手の収入にもよるが、生活に不安がないのであれば、完全に専業主婦になるのではなく、時短勤務や転職など働き方の見直しを検討する。
男性 30代 共働きが良い 働けるうちはお互い働いてある程度お金に余裕もった状態のほうが生活が安定するので。 家庭に入る できることなら働きたくないので。
女性 20代 共働きが良い 今後どんなことがあるか分からないからお金を貯めておきたいことが1番だが自分が働くことが好きだから。 家庭に入らない 今の会社で働くことが好きだから
男性 30代 共働きが良い お金はあった方がいいから 家庭に入る 仕事を辞められるから
女性 20代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 家庭を持ったら、家で家族の帰りを待ちたい。 家庭に入る 元々自分が家庭に入りたいと考えているので、むしろ嬉しい。
女性 20代 共働きが良い 生活に余裕が欲しいのと、個人の時間を大切にしたいから。 家庭に入る 金銭面に余裕があるなら家庭に入っても良いと思う。
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 子供がいない時は共働きで成立していたのですが、子育て中は自分に余裕が持てず正社員でなくパートタイムを選択しました。その方が私がストレスがたまらないので家族にも優しくできバランスとれているからです。 家庭に入る ご主人の収入で補えるなら家庭に入り家事・育児に集中します。もし仕事がしたい場合家庭に入っても今在宅でできる選択肢もあるのでいくらでも工夫はできると思います。
女性 20代 共働きが良い 収入を増やしたいから。 家庭に入らない 家庭より働く方が好きだから。
女性 30代 共働きが良い 妊娠出産があり、10年間専業主婦をしていましたが、今年仕事を始めてみて、ずっと家に一人でいるより楽しいと思ったから。 家庭に入る 家庭が1番大事なので。
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 大学卒業後、バリバリ営業マンでした。しかし、結婚して海外に住むことになり、いったん仕事を辞めることに。またいつか仕事したいと夢見ながら、専業主婦を極めようとやったことない家事をやっていたら、いつのまにかキャリアウーマンより専業主婦が自分には合っていると思うようになった。 家庭に入る それがその人と結婚をするということだから。
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 専業主婦に憧れがあったので。 家庭に入る 相手が求めているから。
女性 20代 共働きが良い それぞれ家計を担うことで、貯蓄が増える。 家庭に入らない 女性も外の世界へ出て、働く。わたし自身も現在の仕事を生涯続けていきたいと思っている。
女性 20代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 家の事や育児をきちんとやりたいから 家庭に入る 相手がそれを望むのであれば否定する理由がない
女性 30代 共働きが良い お互いいつまで働けるかわからないから働けるうちに働いてお金を貯めておきたい 家庭に入る 家のことはしたうえで趣味程度にハンドメイド小物などを販売して収入にしたい。
女性 20代 共働きが良い 金銭的余裕が生まれるから 家庭に入る 2人で話し合って決めたいから
女性 30代 共働きが良い お金を稼ぎたいというよりも、私自身の社会的立場がほしい。

産休育休中は旦那ばっかり外で働いて、大人と会話して羨ましいと毎日イライラしていました。

今は共働きが当然だし夫が家事育児をするのも当然の時代だと思います。

家庭に入らない 現在パートナー勤務で半分家庭に入っているつもりです。

元々は軽トラックを運転して物資を運ぶ個人事業で、年収も旦那の1.5倍ほどありました。

でも私自身家事も好きなので自営業を辞め、アパレル販売として務めています。そのぐらいの勤務はしてないと体がなまります。

女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 家事に集中して取り組めたり料理をしっかりと毎日できるから 家庭に入る 仕事にそんなに強い思い入れがないから
女性 30代 共働きが良い それぞれやりがいがあることがあるのは大事なことだし、それぞれが自由に使えるお金があるというのは嬉しいことだから 家庭に入る 相手の収入で充分生活していける補償があり、今後のキャリアのことも考えた上での発言であるならば喜んでサポートしようと思うから
女性 20代 共働きが良い もっと若い頃は家庭に入りたいと思っていたが、子育ては予想以上孤独で、社会とのつながりがなくなっていくとこに不安を感じるし、共働きで忙しい日々を過ごすことでパートナーの嫌なところを発見する機会も減り、干渉しすぎない生活を送ることができるから。特に、正社員で共働きすることで、何かあった時に、経済的不安も少なくなり、離婚する一歩を踏み出しやすくなることも利点だと思う。また、2人で稼ぐことで経済的に厳しくなくなり、子どもへお金をかけてあげられることも理由。 家庭に入る 夫の収入だけで生活が苦しくないのであれば、子どもとの時間を大切にするためと、時間的ゆとりからくる心のゆとりを求めて家庭に入ります。
女性 30代 共働きが良い どちらともに収入がなければこれからの経済的なことが心配だと思いました。共に働き、収入を得ることが良いと感じました。 家庭に入らない 家庭に入ることを希望しないと思いました。何か仕事をしていたいと感じているためです。
女性 20代 共働きが良い 子育てが大変な時期以外は、共働きである方が経済的にも余裕ができるし、家事も協力して行うことで対等な関係性で生活を送りたい。 家庭に入らない 理由にもよるが、家庭に入ってもらうことによって家事を一切やらないような考えなのであれば共働きを継続したい。
女性 20代 共働きが良い 将来のためにも貯蓄したいから 家庭に入らない 社会においていかれる気がするから
女性 30代 共働きが良い 金銭面 家庭に入らない いつまでも働いていたい
女性 20代 共働きが良い 自分が専業主婦は退屈なのと社会から離れるようで嫌だし旦那が働かないのもなんとなく違う気がするから。 家庭に入らない まず明確な理由があるのであれば要相談という形です。曖昧な内容であれば働きます。
女性 20代 共働きが良い 家庭に入ると息詰まりそうだから。 家庭に入る 外に出ることが嫌いな人間だから。
女性 20代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 働く力がないため。 家庭に入る 自分もそれを望んでいるため。
女性 20代 共働きが良い お金が大事なので 家庭に入らない 私の人生は私のものなので
男性 30代 共働きが良い お金に余裕ができるから。 家庭に入らない 働きたいから。
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 子どもがいないうちは共働きでもいいと思います。

子どもが産まれたら、育児しながらの仕事は圧倒的に女性が大変です。

家庭に入る 無し
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 元々私自身が、外に出て人と関わる(仕事含む)より、自宅内で一人で作業をする方を好んでおり、パートナーも私が外に出るより自宅で何かをする(主に家事。考え方としては内職等ならばOK)方を同じく好んでいるため。

また、具体的にこれを仕事としてやりたい、と強く感じるものがなく、出世欲も薄いので、それであれば家事で家を支えつつ、自分の本当にやりたい事(仕事、趣味等)を探していく生活をしたいため。

家庭に入る 4.の回答と同じ。
女性 30代 共働きが良い 将来子供が出来たらお金がかかるから 家庭に入る 稼いでくれるなら家を守って構わないから
男性 20代 共働きが良い 1人の収入では心許ないため 家庭に入る 相手の収入で事足りるのであれば主夫になる。
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る あまり働きたくないから 家庭に入る 働きたくないから
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 専業主婦向きの性格なので、家に入りたいです。 家庭に入る 望んでいるので
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 奥さんは家庭を守るのが大切 家庭に入る 主人の意見が第一だから
女性 30代 共働きが良い お互いに自立していたほうが良いと思うからです。 家庭に入らない 私は仕事をすることが好きなので、働いていたいからです。
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 家の中をいつも整えて、家族の帰る場所を作りたい。 家庭に入る 働くより家事が好きだから
女性 20代 共働きが良い 子育てや家事だけの生活は、自己肯定感が下がってしまいそうだから。共働きのが、収入に不安が無いから。 家庭に入らない ごく一部の人としか交流がなくなり、寂しくなりそうだから。「働いていないから」と、パートナーと上下関係ができたらいやだから。どうしても家庭に入るなら、収入やパートナーの関係について安心できる状態でありたいし、できれば在宅ワークがしたい。
女性 30代 共働きが良い 家庭と社会に出ているの両方ある方が上手くいくと思うためです。家庭のみだと家族以外の人の関わりなども減ってしまうためあまり良いとは思えないです。 家庭に入る 言われたら入って、空き時間に自分の趣味の時間など効率よく社会関係も持てるような環境にすると思います。
女性 30代 共働きが良い とりあえず最初は金銭的な余裕を持たせるために共働きのほうが良いと思いました。

また、すぐに家庭に入るとやることが無さ過ぎて暇になりそうなのと、

自分の自由に使えるお金も欲しいと思いました。

家庭に入る 相手の要望であり、金銭的に余裕があれば言われた通りにすると思います。
男性 30代 共働きが良い 将来のことを考えると収入が多い方がいいから。 家庭に入らない 私は仕事を辞めたくないので入りません。
女性 20代 共働きが良い お互い平等でいたいから 家庭に入る 条件つきなら入ってもいい。お金とか家事とか
女性 30代 共働きが良い 金銭的に余裕ができるから。1日中家にいると気が滅入るから。 家庭に入らない そう言われる理由によるが、完全に家庭に入るのはメンタルがやられるから。
女性 30代 共働きが良い 家にずっといるとストレスが貯まるし、自分が自由に使えるお金があったほうが絶対にいいから。 家庭に入らない パートくらいなら働きながらでも家事はできるし、家に一人でいるより、いろんな人と接して、お金を稼ぐ方が有意義だから。
女性 20代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 子どもに付き添いたいから 家庭に入る 子どもに付き添いたいから家庭に入りたいので
男性 30代 共働きが良い 共働きで収入が多いと、お金面で生活にゆとりができる。 家庭に入らない 働いてお金を稼ぎたいから。
男性 30代 共働きが良い お互いに稼ぎがある方が安心だし、家事も自然と分担されるため、不平不満がつもりにくいから 家庭に入らない 場合によるが、家でじっとするのは性に合わないから。
女性 30代 共働きが良い 将来、病気などになる可能性も有るので共働きの方がどちらかの収入がなくなった場合にも安心できる。また、老後資金なども考えると二人とも別々に社会保険に加入をしている方が安心だと思う・ 家庭に入らない 子供が産まれたとしても、時短などの特例もあるし、最近は男性の育児休業なども整備されつつある。働き方もフレックスタイムなどを導入している企業もあるので家庭との両立が可能だと思うから。
女性 20代 共働きが良い それぞれが仕事の時間を減らして一緒に過ごせる時間が多い方がいい 家庭に入る 仕事を辞めても生活に困らなければ辞めたい
女性 20代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 就職して働くことに苦手意識があるので、今後就職したいと考えていません。

家事は好きなので家庭に入って自分磨きしながら機会があれば就職以外の形で働きたいと思っています。

家庭に入る 私の希望が家庭に入ることなので。

でも気が変わった時には応援して欲しいです。

女性 30代 共働きが良い 前提として、上記の「働く」にはパートやアルバイト、在宅ワークを含めての「働く」を考えている。

そのうえで、結婚後も、金額の多寡を問わず家の外からお金を貰える仕事は二人とも続けたいと考えている。生活に先立つものはお金だから、もし彼だけが働いている状況だと、彼が事故や怪我、病気(肉体的・精神的ともに)で働けなくなったとき路頭に迷うリスクがあるため。もし私の収入が少しでもあれば、仮に貯金を切り崩す生活になっても簡単に崩壊しないと思うから。

家庭に入らない 理由による。仮にも一人の人間の生き方を変えさせるのだから、納得できる理由が提示できない場合は従わない。あわせて、一馬力になったときのリスク管理や金銭面での問題にも解決策を提示してもらう。それが納得いくプランでなければ、絶対無理。
女性 30代 共働きが良い 子どもの有無にもよりますが、出来るだけ共働きが良い。

お金は多い方が良いから。

家庭に入らない 外に出ていたいから。自分のコミュニティを大事にしたい。
女性 20代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る しっかりと日々子供と一緒に時間を過ごして成長を見守りたいからです。また、旦那様が帰りたくなるような家を築きたいです。 家庭に入る もともと家庭に入りたいと考えています。
女性 20代 共働きが良い 相手の収入だけでは将来の貯蓄等を考えた際に大きな不安を感じる 家庭に入らない 相手の収入面では不安が残るため
女性 20代 共働きが良い 昔は専業主婦になりたいと思っていたけれど、今は仕事をしないことによって、社会との繋がりがなくなるのが怖いかなと思う。 家庭に入る できれば、フルタイムで無くてもいいから働きには出たいと思うが、相手からの要望だったら聞き入れると思う。
男性 30代 共働きが良い お金が足りないから 家庭に入らない お互いに相談して決める
女性 30代 共働きが良い 自分のお金があった方がゆとりを持てる。 家庭に入らない 外とのつながりがあった方が、自分らしく居られるから。
女性 30代 共働きが良い お互い働いた方が収入が増える 家庭に入らない 旦那から生活費を食費以外にもらえていないため、家庭に入るのは難しい
女性 30代 共働きが良い 本音は家庭に入りたいです。

ですが、自分も働くことにより多少生活水準が向上することと、なにより経済的に依存しているという後ろめたさを感じずにすみます。

家庭に入る 十分な収入があり、家事をする主婦に対するリスペクトが相手にあるならば、喜んで家庭に入ります。
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 子どもができた場合に両親が仕事をしていて保育園に小さいうちから入れたり、学校から帰ってきて誰もいない状況を好ましいと思わないから。 家庭に入る 配偶者と話し合って納得すれば家庭に入っても良い。
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 外で働きたくないからです。 家庭に入る 家事をやりたいからです。
女性 30代 共働きが良い 子供がいるならば共働きの方が子供の将来の為にいいと思う 家庭に入る 相手の意見を尊重したいから
女性 30代 共働きが良い お互い自由に使えるお金があった方が良いと思うから。 家庭に入らない 働きたいから。
女性 30代 共働きが良い 生活に余裕を持ちたいから 家庭に入る 相手の希望にとりあえず合わせる
男性 20代 共働きが良い 今現在の社会で男だけでの稼ぎで生活するには厳しすぎる。 家庭に入らない 男なので働いた方がいいかなと思う。
女性 20代 共働きが良い ダブルインカムの方が安定するし、働く事はいきがいだと思うから。 家庭に入らない 働く事が好きだから。
女性 30代 共働きが良い 金銭的な余裕がうまれるのと、社会に出て人と接していたいから。 家庭に入る 求められたなら仕方ないので、家庭に入る。
女性 20代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 働きたくないから

家事は好きだから

家庭に入る 希望通りだから
女性 30代 共働きが良い 夫婦共働きでないと、給与が足りなくて生活を維持できないと思うから 家庭に入らない これまで自分と交際してきて人となりがわかっている状態なのに、こちらが望んでいないことを要求してくるのはあまりに身勝手に感じるから
女性 20代 共働きが良い 万が一パートナーが働けない状況になったり、家族が病気などで大きなお金が必要になったりしたときにも生活できるようにするため。 家庭に入らない 子どもが小さい間など、限定的な期間であればよいが、自分のキャリアは自分自身のためのもので、パートナーに左右されずに決めたい。

十分な資金のたくわえや、継続的な収入源が確保できていれば検討の余地はある。

女性 20代 共働きが良い 共働きがいいの中に育児家事の分担も要求したいです。

働いてもいて、家事育児も全部女性って言うのは未だに納得がいかない部分です。

社会に出ていないと何故か「楽してそう」とかと思われたくないので共働きがいい。

自分の欲しいものは自分で稼いで手に入れたいから。

お金が家庭を支配する男性が多い気がするから。

稼いでる方が偉いと思われながら生活するのが嫌だから。

家庭だけに留まらず、働くことでストレス発散になることもあるから。

家庭に入る 全然入るのは構わないが、お金で困らせない自信があると受け取っていいのかな?と思う。

何不自由なく生活をさせてくれるならいいと思います。

女性 30代 共働きが良い 自分の自由になるお金を相手からもらえるならばいいが、貰えないようであれば少なくても稼いでいたい。仕事をしないならば、家で趣味をしたいがそこまでお金をくれるならばと思う。 家庭に入る 相手の収入が十分にあれば家庭に入ってもいい。
女性 20代 共働きが良い 子供のため 家庭に入る 従いたいから
女性 20代 共働きが良い 人生何が起こるかわからないので、どちらかが倒れたり、仕事が怪しくなってもいいように保険のようなもの。 家庭に入らない 上記持論を話します。
女性 30代 共働きが良い 女性が働かない理由がないから。家事は分担。 家庭に入らない 自分の収入がほしい。
女性 30代 共働きが良い 相手にも仕事をやめてほしくないし、自分自身も仕事を辞める予定はないから。 家庭に入らない 家庭に入るメリットがない。
女性 20代 共働きが良い 共働きのほうが経済的に余裕がある

経済的に余裕があると心にも余裕ができる

自分も自分の稼ぎがほしい。

家庭に入る こちらのいくつかの条件をのんでくれれば家庭に入ってもよい
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 子供がいるため 家庭に入る 両立は難しいから
女性 20代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 働きたい人は働けば良いが、自分は家のことに専念したいから。 家庭に入る 自分が家庭に入っても大丈夫なくらい代わりに稼いでくれるなら良いから。
女性 30代 共働きが良い 厳しい社会で働く大変さを家庭で分かち合う事で会話も生まれるし、お互い尊敬しあえる平等な立場でいられると思うから。 家庭に入らない 専業主婦だと社会との関りも希薄になり、孤独を感じてしまうと思うので私は働く事で少しでも社会と関わっていたいです。
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 育児と家事をこなしながら、働く自信がないからです。 家庭に入る 新しい家庭や環境に慣れるために必要なことだと思います。
男性 30代 自分が外で働いて、パートナーには家庭に入ってほしい やはり家庭を守ってもらいたいですし、料理などを頑張ってもらいたいので。 家庭に入らない 自分は男性なんで働きたいです。
女性 30代 共働きが良い お互いに経済的に自立している状態の方が、心も安定している現状を維持したいから 家庭に入る 言われて結婚したのであれば、家庭に入っても良いと思う。その場合には、理由をきちんと聞くべきであると考える。
男性 30代 共働きが良い 自営業なので一緒に働きたい 家庭に入らない 働くことが好きだから
女性 20代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 子供ができて子育てをしなければいけない状況になったら、パートナーに働いてもらって、私は家庭に入るというのが理想ですが、子供ができるまでは共働きをして貯金をたくさん貯めたいなと思っています。 家庭に入る パートナーから家庭に入ってほしいと言われたら、私は喜んで家庭に入ります。
男性 30代 共働きが良い 子供ができるまでは共働きが良いです。ずっと家に居るよりは気晴らしになるし、お金も貯まりやすい。 家庭に入る お互いの意見を尊重し収入面、生活面でどちらが家庭に入るのがいいかじっくり相談して決める。
女性 30代 共働きが良い 共働きしてお互い外に出たほうが家に帰ってきてからもうまく行くと思うし、2人で稼いでそれなりに良い生活をしたいから 家庭に入らない それがパートナーの望みなら最初は入るけど、それなりに落ち着いたらやっぱり働きたい
女性 30代 共働きが良い 自分でも、社会に貢献していると思いたいし、自由に使えるお金が欲しいからです。 家庭に入る 好きな人からそう言われたら、家庭に入っても良いと思えるからです。
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 将来子どもができたときに、子どもと一緒にいる時間を確保したいから。 家庭に入る 家庭のことに力を入れたい。
女性 30代 共働きが良い お互いを尊敬できるからです。 家庭に入る 問題がないからです。
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 子育てに柔軟に対応できるから。 家庭に入る なし
男性 20代 共働きが良い 共働きのが将来の貯蓄がしやすいから 家庭に入る 収入や職業によっては家庭に入る
女性 30代 共働きが良い 2人で働けば、経済面が将来的に少しは安心だから。また、働けるうちは、社会と接点を持っていたいから。 家庭に入る パートナーの希望であれば、家庭の事をきちんと優先して過ごそうと思うから。
女性 30代 共働きが良い どちらかが家庭に入っていると、「時間があるのに」「こっちは働いているのに」という考えが出てきてしまいそうだからです。現在は子どももいないので、特にそう感じると思います。 家庭に入らない 家庭内の特別な事情がない限りは、自分自身のやりたいことをやらせてほしいと思います。
男性 20代 自分が外で働いて、パートナーには家庭に入ってほしい 家事を任せたいから。 家庭に入る 無理に仕事をしたいと思わないから。
女性 20代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 3年程、会社に勤めて仕事がむいてないと感じたため 家庭に入る 家庭に入りたいので喜んで
女性 30代 共働きが良い 自分で稼いだお金は自分の好きなように使えるから。

お互い働いていた方がお金にも気持ちにも余裕が生まれるから。

家庭に入らない 家事が得意ではないので、ずっと家のことをやるのは苦痛だから。

働いていた方がお金に余裕が生まれるから。

女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 女性は安心して子育てをしたいから。 家庭に入る 子供のためにも家庭に入って欲しいと言えるくらいの年収があって欲しい。
女性 20代 共働きが良い 収入の安定を求める 家庭に入らない 外に出なくなったら外見を気にしなくなるから
男性 30代 共働きが良い 今の世の中、不景気で会社員は給料は低いです。この安さについては国は共働きを強制させているとのだと感じます。 家庭に入る 家の事を自分が引き受けてもそれは人生面白いと思います。
女性 20代 共働きが良い 1馬力だと、もしも働けなくなる何かが起こったときに、収入が途絶えて不安だからです。 家庭に入る 子供の有無や相手の収入にもよりますが、家のことをしながら少しゆっくり過ごせるのもいいと思うからです。

ただし、飽きると思うので数年たったら稼ぎに出ると思います。

女性 20代 共働きが良い 自分で稼いだお金のほうが自由に使いやすいし、収入も多い方がいいから。 家庭に入る 旦那の収入だけでやっていけるのであればその方が気持ちは楽だから。
女性 30代 共働きが良い 対等になれるから 家庭に入る 結婚相手の要望は聞き入れつつ、自分の要望も言いたい
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 自分が家事を100パーセントやらなければならないので、そうであれば家庭で働かせて欲しい。彼には外で働いて欲しい。 家庭に入る 自分は仕事が向いていないと思うから。
男性 30代 共働きが良い お互いに優しくなれるからです。 家庭に入る 反対意見がないからです。
女性 20代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 家事も仕事もこなすのは、とても大変なので。 家庭に入る そのほうが楽なため。
男性 30代 共働きが良い お互いの経済活動を大事にしておきたいから 家庭に入らない よく話し合うがよほどのことがない限り、自分の経済活動は継続しておきたい。
女性 20代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 働きに出たいが、子供が出来ると時間を作るのが難しくなるので。 家庭に入る 若いうちしか共働きは難しい職業な気がするから。
女性 20代 共働きが良い お互い収入があって自立していたほうが、金銭的にも余裕があり生活の選択肢が広がると思うから。 家庭に入らない 万が一離婚や死別、病気怪我で収入が途絶えてしまったら生活水準を下げないといけないと思うから
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 子供がある程度大きくなるまでは女性(母親)は家で働けばいいと思います。どうしてもお金がない場合は働いたらいいと思うけど、できる限り子供の側に居てあげることは大事だと思います。 家庭に入る 私自身は子供を保育園に預けて働いていますが、本当は幼稚園でいいと思っている人なので、そう言われたらそうしたいと思います。
女性 20代 共働きが良い 自分も相手と同様に働きたいから 家庭に入らない 嫌だから
女性 20代 共働きが良い 子供が生まれた時など将来の事を考え、貯蓄を増やすために少しでもお金を増やすために共働きのが安心だなと思ったからです。 家庭に入る 相手が収入に問題ない額なら相手の言うことに従いたいなと思います。

もし、収入が十分でない場合は、一度話し合ってから家庭に入るか決めたいです。

女性 20代 共働きが良い 子育てや老後の貯金を考えるとお金はいくらあっても困らないから 家庭に入る 結婚相手が望むのであれば、それに合意して家事育児に専念する
男性 30代 共働きが良い 今後に備えて貯金しときたいから。 家庭に入らない 仕事をしときたいから。
女性 20代 共働きが良い 今の時代は一人だけが稼ぐ金額は努力しても変えられないと思うので、共働きでお互い自分が暮らす分の金額は確保できるようにしたほうがトラブルが起きないと思います。 家庭に入らない 元々仕事するのが好きなので、家事のみするような状況は耐えられなくなると思うからです。
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 自分は器用でないので家庭か仕事のどちらかしかできないし、家事がすきなので。 家庭に入る 願ったりかなったりです。

仕事はしんどいし向いてないからしたくない。

女性 20代 共働きが良い 将来子供がほしいので、子供のために使う資金は多いほうがいいと思い、子供が生まれるまでは共働きがいいと考えているから。 家庭に入る 家庭に入ってほしいと言うということは、きっとお金に余裕があると思うから。

お金に余裕があるなら無理して働かなくてもいいと思ったから。

女性 30代 共働きが良い 家にずっといてもつまらなそう。社会との関わりがほしい。 家庭に入る そう言ってくると言うことは、それなりに収入があると言うことだと思うから。
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 持病を持っているのと、家事が得意で子供が好きだからです。 家庭に入る 家にいるのが好きだからです。
女性 20代 共働きが良い やっぱり2馬力の方がいざという時に経済的に困らなくて済むし、将来のためにお金はあったほうが良いと思うので。 家庭に入る 働くことが好きというわけではないので、配偶者の収入のみで生活に困らないなら家庭に入ろうと思います。
男性 30代 共働きが良い 収入の安定化のためにも共働きがベストだと思います。もちろん、子供ができれば、女性のほうの負担が大きくなりますので、そこはバランスを取るべきだとは思います。 家庭に入らない 実際その場面になってみたいとわかりませんが、結婚の条件として仕事を辞めることが出るのであれば、結婚自体を考え直すと思います。
男性 20代 共働きが良い 収入源が安定するからです。 家庭に入る 言われたら逆に家庭でできることをします。
男性 20代 共働きが良い お金があるほうが気持ちも豊かになるからです。 家庭に入らない 窮屈だと感じるからです。
女性 30代 共働きが良い 今の仕事は続けたいし、自分だけの給料では少ないのでパートナーにも働いてもらいたいです。 家庭に入る それがお互いにとっていい方法であれば拒む必要がないから。
女性 30代 共働きが良い 子供持つならお金どんだけでもいるから 家庭に入らない 自分の人生だし人に決められたくない
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 結婚してまで働きたくないから。共働きしないと生活できないのなら結婚したくないしする意味も分からない。 家庭に入る 私自身が家庭に入りたい派なので。
女性 30代 共働きが良い 人との関わりがあった方が外の世界とつながることができて楽しいから。また、養ってもらうのではなく、自分でも生活費を稼ぎ、欲しいものは自分で買うなどある程度は自立した生活を送りたいから。 家庭に入らない 相手の考えを聞き、自分の考えを伝えて納得してもらえたら家庭に入らないから。
女性 20代 共働きが良い 私自身家庭以外のつながりが欲しいし、経済的にも安定すると思うから。 家庭に入らない 相手の性格的に強制されることもないと思うから。
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 家庭を守り、旦那を精神的に支える事が自分の役割だと思っている為です。 家庭に入る 自分も家庭に入る気がありますし、旦那が望むなら尚更だと思う為です。
女性 20代 共働きが良い 子どもができた時のことや老後のことを考えると貯えは多い方がいいと思うから。 家庭に入る 相手に十分な稼ぎがあり、家庭に入って欲しい理由に納得できたら家庭に入る。
女性 30代 共働きが良い 二馬力の方がお金に余裕のある生活ができるから 家庭に入る 相手が望むなら、ある程度の生活レベルが送れるならやめる。
男性 30代 共働きが良い 私の稼ぎが少ないため、共働きしないと生計が成り立たないからです。 家庭に入らない 収入面の心配もありますが、毎日が退屈になりそうだからです。
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 最初は共働きがいいと思ったが、家事が出来ないので家庭に入りたい 家庭に入る 家を守りたいので、
男性 30代 共働きが良い 将来子供が欲しいので、収入は少しでも多い方が良い 家庭に入らない 共働きが良いため
男性 30代 共働きが良い 共に収入があるほうが安心だから 家庭に入る 相手の高収入なら自分が家のことに専念するという選択肢もありだと思うから
男性 30代 自分が外で働いて、パートナーには家庭に入ってほしい 子どもが小学校3?4年までは仕事をせずに家庭にいて、子どもに時間を費やして欲しい。家に帰っても親がいないと寂しいと思う。 家庭に入らない 基本は自分が主体に働くのが望ましいと考えている。
男性 30代 共働きが良い 安定した収入が得られることと、少しでも蓄えをしておく方が老後のためにも安心なため。 家庭に入らない 上記理由同様、安定した生活と老後に向けて稼ぐ必要があると考えるため。
男性 30代 共働きが良い 両親が共働きでそれが普通だったので。 家庭に入る 仕事にこだわりはないので。
女性 20代 共働きが良い 経済的な余裕がないと、もし子供ができてもお金を気にした生活を意識させてしまう可能性があるから。 家庭に入る 経済的な余裕があると判断しての提案だと思うので、それなら同意する。
女性 30代 共働きが良い 家庭にずっと入ってしまうとストレスを抱えそうなので、お互い働いて家庭以外の環境にも触れてた方が良いと思ったからです。 家庭に入らない 相手の収入だけで養ってもらっているというのが、もしケンカをした時に何か言われそうだからです。
男性 30代 共働きが良い 自分の稼ぎがあまり良くないため。 家庭に入らない 家事が苦手で、仕事している方が好きだから。
男性 20代 共働きが良い 今の世の中、共働きでないと生活費が足りない。 家庭に入らない 私は男なので外で働く。
男性 20代 共働きが良い 今後のため 家庭に入る なし
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 共働きフルタイムを経験しましたが、小さな子もちにはきつかったです。女性が全く働かないというよりかは、無理のない範囲で、パートなどして貯金にまわす、生活は相手の給料でするというのが理想です。 家庭に入る 相手が高収入であればそれでよいです。
女性 30代 共働きが良い どちらも社会に属していた方が便利だと思う 家庭に入らない 何かしていないと落ち着かない性分だから
女性 30代 共働きが良い お互いに家庭以外の世界を持っていた方がいいと思うので 家庭に入らない 結婚する前に家庭に入ってほしいという人とは結婚しないとは思うけど、しっかりその理由は聞こうと思う。
男性 30代 自分が外で働いて、パートナーには家庭に入ってほしい できれば家でしっかり子どもを見て欲しいから。 家庭に入る 私は家事も好きなので、とくに抵抗はないため。
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 共働きになると私が仕事と家庭の両立が難しくなることが予想されるので、私は家庭のことをやりながらパートナーのことをサポートしていきたいと思います。 家庭に入る 私が望んでいるので家庭に入ります。
女性 20代 共働きが良い 理想はパートナーに働いてもらって自分が家庭に入りたいけれど、その分パートナーを全力で支えていける自信がないし、今のご時世、よほどの収入がなければパートナーのみの給料で家族全員が裕福に生活していくのは難しいと思う。どこかで我慢しなければいけないのなら、自分も働いて家計を助けたい。 家庭に入る 本当は家庭に入りたいと思っているので、相手がそれを望むのなら家庭に入るし、節約はわりと得意なので、パートナーの収入でなんとか家計をやりくりしていこうと思うから。
女性 20代 共働きが良い 専業主婦は社会とのつながりが薄くなるし、時間があるので余計なことを考えすぎてしまいそう。また、老後のことを考えて共働きで少しでも貯蓄を増やしたい。 家庭に入る その分相手が稼いでくれるなら受け入れる
女性 30代 共働きが良い ずっと家にいるとどんどんだらけてしまいそうなことと、

欲しいものはできるだけ気を使いたくないので自分のお金で買いたいから。

家庭に入る もちろん問題なく生活できるくらい相手の収入があるのであれば、そこまで働きたいというこだわりがあるわけではないので
男性 20代 共働きが良い 収入面で長期的に安定して将来想定されるお金の出費に備えることができると思うためです。 家庭に入らない 男性ということもあり仕事して家にお金を入れることの方が向いていると思うためです。子供の世話をしつつ家事をこなすことが中心となる生活はおそらく自分にはこなすことが困難じゃないかと思います
男性 30代 自分が外で働いて、パートナーには家庭に入ってほしい 子供がいないうちはいいが、子供が産まれてからは出来るだけそばにいてあげて欲しい。 家庭に入る どちらかが家にいるように出来るなら男女どちらでも問題ないと思う
男性 30代 共働きが良い 肩の荷が降りるし、生活に余裕が出るから。 家庭に入らない 周りもみんな共働きだし、時間があるならお金にしたいから。
女性 30代 共働きが良い お互い働いていることで、生活にも余裕がでるし家事も分担しやすいから。 家庭に入らない 完全に家庭に入ってしまうと、自身が息苦しくなって生活しにくくなると思うので。
男性 30代 共働きが良い 共働きの方が老後に向けて貯蓄できるから。 家庭に入らない もし離婚となったときに、社会復帰が難しくなるから。
女性 20代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 現在同棲中で、彼氏が主な収入源を担っていて、私がパートで月に数万円の収入なのですが、掃除洗濯や料理は全て私がして、彼氏はなにもしてくれないので、正直自分の負担が大きいのが今でもしんどいからです。 家庭に入る 前の質問の答えと重複しますが、現在の自分の負担が多く感じ、しんどいので、収入が安定するのであれば、家庭に入りたいです。
女性 20代 共働きが良い 相手の収入だけでは不安だし、終身雇用の社会ではないから 家庭に入らない 万が一離婚した時になにかと困らないように
女性 20代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 食事の準備や掃除などをしたいから 家庭に入る 結婚相手の考えを優先したいから。
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 家でもやることがあるから 家庭に入る 望んでいたことだから
男性 30代 共働きが良い やはり家にずっといるとしんどくもなるかもしれないので、働くことでストレスがうまく発散できるのであれば。 家庭に入らない 偏見かもしれないですが、男は働いてなんぼだと思っているので。
男性 30代 共働きが良い 一人だと余裕がないから 家庭に入る それだけ稼いでいるなら家事は好きだから問題はない
男性 20代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 持病があるから 家庭に入る もともと希望してるから
女性 20代 共働きが良い 収入がお互い少ないと思うから。 家庭に入らない 収入が不安だから。
女性 30代 共働きが良い それなりに余裕のある暮らしがしたいから 家庭に入らない キャリアを潰したくないから
男性 20代 共働きが良い お金はたくさんあったほうが良いから 家庭に入らない 仕事はしてたいし離婚する時に職歴がないと困るから
男性 30代 自分が外で働いて、パートナーには家庭に入ってほしい 世間体を気にするタイプだから、このスタイルが良いと思いました 家庭に入る 状況によって、検討すべき内容だと思うから
男性 30代 共働きが良い 収入が多い方が将来安心だから 家庭に入る 相手がそれを望むのならば希望を叶えてあげたいから
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 自分は仕事があまり向いていないから家計の心配がないなら家事に専念したい 家庭に入る 仕事にこだわりがないから
女性 30代 共働きが良い 夫婦で趣味があるので、その資金を貯めるのに共働きの方が良いことと外で働いていた方がお互いストレス発散できるため。 家庭に入る 相手の意見を尊重する方も必要だし、私もそこまで仕事人間ではないので。
男性 30代 自分が外で働いて、パートナーには家庭に入ってほしい 家事や育児に専念して欲しいから。 家庭に入らない 特になし
女性 30代 共働きが良い 貯金ができるからです。 家庭に入らない 今好きな仕事しているので辞めません。
女性 20代 共働きが良い お金を貯められるときに貯めておきたいから 家庭に入る パートナーの願いであれば

聞きたいと思う。

女性 30代 共働きが良い 子供がいないのなら共働きが良い。 家庭に入らない 経済的に不安だから。
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 共働きだったけれど、家事の負担が違いすぎて喧嘩になった。 家庭に入る 相手が良いなら。お互いのストレスが減りそう。
男性 20代 共働きが良い 自分の給料だけだととても養えないから結婚後も働いてほしいと思ったから 家庭に入らない 家事などは分担をして支えたいと思ったから。
女性 20代 共働きが良い 少しでも貯金は多い方がいいと思うから 家庭に入る 実際に今パートに出たい私ですが、家にいてほしいと言う夫の為家に居ます。収入も欲しいですが家庭内の円満が最優先なので
女性 30代 共働きが良い 収入面で生活が安定するため。 家庭に入らない 社会との関わりが減り、ストレスが増えると感じるため。
女性 20代 共働きが良い ずっと家にいたら楽しくなさそうだから。 家庭に入る 言われたらそんな生活も良いかもしれないとポジティブに受けとめるから。
男性 20代 共働きが良い 収入に余裕がほしい 家庭に入る それで生活できるならそれでもよい
男性 30代 共働きが良い 自分の時間が作りやすい。 家庭に入る なし
女性 20代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 仕事をしたくないというのと共働きになると家事は全部自分がやる流れになる気がして働きながら家事もやるのは体がもたないと思うから。 家庭に入る 仕事をするなら家事をした方がいい
女性 30代 共働きが良い はやく資産を増やして引退したいから。 家庭に入る 意見を無視してまで続けたいわけではないから。
女性 30代 共働きが良い お互いに収入があった方が、いざというとき安心だから。 家庭に入る 結婚相手の反対を押しきってまで仕事をしたいとは思っていないから。
女性 30代 共働きが良い 1人の負担にならずに、2人で頑張りたい為。 家庭に入る 希望が有れば、そうしたいと思います。
女性 30代 共働きが良い お互い働けるなら働いた方が経済的にも良いし、外に出る時間ある方が気分転換になる 家庭に入る 家庭に入っても問題なく過ごせる環境であれば入る
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 自分が子供の頃、家庭環境に恵まれなかったので、結婚して子供ができたら子供の傍にいたいと思うので。 家庭に入る 仕事に未練がない。
女性 20代 共働きが良い 私は家庭の事や家にずっといる事が苦手なので共働きが良いと思います。 家庭に入らない 自分が犠牲になって仕事を辞めるまでして家庭に入りたくない。
女性 30代 共働きが良い 今後の生活のためにも2人が働ける環境にあるうちにお金を貯めたいから。 家庭に入らない 家にいる必要性がわからないから。
女性 20代 共働きが良い 今の時代旦那さんだけでの稼ぎでは暮らせないと思っているし自分も家庭だけ守る事が苦手だと思うから。 家庭に入らない 自分は自分でお金が欲しいし、家庭以外にも居場所が欲しくなると思う。
男性 30代 共働きが良い 今の時代、共働きがいいと思う。女性も家庭の中にいるだけでなく社会に出ると新たな発見があると思うから。 家庭に入らない 共働きでいいだろうと説得する予定。
女性 30代 共働きが良い 社会とつながっていた方がお互いにうまく行くと思うから。 家庭に入る 家庭に入って家のことをすることも仕事と同じだから。自宅でも仕事はできるから。
男性 30代 共働きが良い 片方に負担が偏らないようにするため 家庭に入らない イメージしにくいため
女性 30代 共働きが良い 家庭の中だけでは知ることが出来ない世界があるから。視野の狭い人間にはなりたくないから。 家庭に入る 相手の希望であれば、最善を尽くしたいと思う。
女性 30代 共働きが良い 専業主婦としてずっと家にいると息がつまるし、自分の遊ぶお金はしっかりと自分で稼ぐ方が対等な立場でいられると思うから。 家庭に入らない 家庭に入ってしまうと面白くない人生になると感じているので、絶対に入りません。体調をこわして家で療養している時がありましたが、私には専業主婦は無理だと確信しました。
女性 20代 共働きが良い 自分の給料で好きなものを変えるしお互い余裕があった方が過ごしやすいから! 家庭に入る 相手の希望に答えたいから!
女性 30代 共働きが良い 社会とのつながりを持っていないと気分的に窮屈になってしまうし、自分の経済をある程度自分で備えるくらいじゃないとこれからの時代は心配だからです。 家庭に入らない いくらパートナーとはいえど、相手に自分の生き方を決められるような関係は良くないと思うからです。それに、そのような考えは古いと思います。
女性 30代 共働きが良い 単純に収入が多い方がいい。子供の教育費、病院費など、いろいろかかってきます。なので、夫婦で働いていた方がいい。 家庭に入る 夫の収入によりますが、貯金や、子供費、生活費があれば家庭に入ります。
男性 20代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 仕事よりも家事などのほうが気が楽だからです。 家庭に入る 自分としてもそのほうが良いので喜んでそうします。
女性 30代 共働きが良い 個人が自由に使えるお金を確保できるから 家庭に入る 相手の収入額による。

また、趣味の時間の確保がどれくらい許されるかにもよる。

これが満たされなければ、その人との結婚はない。

女性 30代 共働きが良い どちらかの収入が得られない事態が起きても、もう一方の収入でしのげるから 家庭に入らない 社会になんらかの立場で関与しておきたいので、それをママ友や自治会のような狭いものにはしたくない。また相手の収入から自分の遊興費を出させることに抵抗がある。
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 旦那は家事が全くできないですし家計管理や保険なども苦手で働くのは苦じゃないようです。私はその逆で家事や家計管理等、仕事以外はなんとかなりますが、体力と筋力がないので働くのが苦手なのでお互い補えるからです 家庭に入る ありません。
男性 20代 共働きが良い 自分の稼ぎだけで今後家族を養っていけるとは思えず、また今後の生活においてできる限りのお金は貯蓄しておきたいと考えるため 家庭に入る 相手に自分を養うだけの器量があり、そうでなければそのような申し出をしてくるとは考えにくく、生活に困る心配がないため
女性 30代 共働きが良い 専業主婦だと家のことを全てやらければいけないとプレッシャーがあるから 家庭に入る そう言われたらラッキーだから
女性 20代 共働きが良い いつパートナーに何があるかわからないので

共働きの方が安心する。

家庭に入る 出来るだけ相手の気持ちに寄り添いたいため。
女性 30代 共働きが良い 二人で働いていればどちらかが病気や怪我、失業等で働けなくなった場合でもフォローできる。 家庭に入る 在宅で働いて良いなら家に居ても良い。
男性 30代 共働きが良い 日本の給与水準が低いため。 家庭に入る 話し合いをし問題なければ、家庭に入ることもいとわない。
女性 30代 共働きが良い 経済的な理由。

また、それぞれの家庭以外の場所があるのもいいと思うから。

家庭に入らない 社会と関わっていたいから。
女性 30代 共働きが良い 仕事が楽しいですし、自分で使うお金は自分で稼ぎたいので 家庭に入る 現在、夫の海外赴任帯同のため、これまでの仕事を休職し、専業主婦をしています。
女性 30代 共働きが良い お互いに何かあった時に蓄えはあった方がいいから 家庭に入る その時は家庭にはいるかもしれないけど、状況が一生変わらないなんてことはないだろうし、お互いの意見を尊重して、その時々で臨機応変に対応したいので。
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 専業主婦のほうが、家事をしっかりできると思うから。 家庭に入る それで相手も、家庭でリラックスして気持ちよく暮らせるなら、それが良いと思う。
男性 30代 共働きが良い 家計にとって収入が増えプラスの影響を与えるからです。 家庭に入らない 社会との繋がりを持ち続け、色んな刺激を受けて生活して生きたいからです。
女性 30代 パートナーに働いてもらって、自分は家庭に入る 家庭を守ることに専念する人が居た方が家庭がうまくまわると思うからです。 家庭に入る 今は夫婦共働きが当たり前の世の中だけど、私自身は女は今も昔も結婚したら家庭に入るものと考えているからです。
女性 30代 共働きが良い 経済的に独立していないと、自分の意思に反した決定がなされたときに反論できなくなって結局辛くなるから。 家庭に入らない 現代の日本社会で家庭に入るメリットが全く思いつかない。

そのくらい経済力がある男性なのであれば家事代行でもベビーシッターでも雇って、女性の社会的承認欲求を満たすことを認めて欲しい