スタディングの行政書士講座ってどう?

【PR】当サイトではGoogle広告やアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しており、収益を得ています。
学習

在宅ワークが普及したおかげで自分の時間を取りやすくなったことから国家資格取得を目指す方が増えており、資格の予備校などを利用される方も増えているようです。
国家資格の中でも特に行政書士資格は受験資格が無く、その上実務要件などなく独立が可能という事で、様々な視点から人気の資格となっているようです。実際に受験者数はここ数年は右肩上がりで伸びています。

また、予備校においては様々な資格の予備校がありますが、最近はスタディングの広告を見かける機会が増えたせいか、スタディングってどうなんだろう?といった疑問をお持ちの方が増えているようです。

そこで、ここではスタディングにおける行政書士講座について、その特徴や合格を目指すにあたって利用すべきかどうかを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

スタディングの行政書士講座は安い

まず、スタディングの最大の特徴としては利用料金が安いことがあげられるでしょう。

行政書士の資格試験講座は多くの予備校で10万円台後半から20万円近くの料金が必要なのに対し、スタディングは3万円台~5万円台となっています(コースによる)。

そのため、出費を抑えたい人にとっては非常に有用な講座と言えるでしょう。

なお、コースは3つあり、ミニマム、スタンダード、コンプリートがありますが、スタンダード以上が費用対効果の面からおすすめです。

実際の合格者が増えている

スタディングのサイトで合格者の声を見ることができますが、それらの声の投稿が年々増加していることがわかります。

また、ブログなどを見ていてもスタディングを実際に使って合格しました!といった声は増えていることから単に安いだけでなく、合格に必要な要素を持った行政書士試験の講座であることがわかります。

どのような特徴があるのか?

実際にスタディングを活用した情報を参照させてもらいますが、アロー行政書士事務所のスタディング行政書士講座はおすすめ?実際に使って合格した私が評判・口コミとの違いも含めて解説!【体験記】を拝見させて頂くと、料金が安い割に内容が充実している、スマホで勉強が可能、音声ファイルがダウンロードできるから耳学習もできる、講義だけでなく過去問解法講座などの各種動画コンテンツも充実している、という特徴があり、スタディングで効率的に勉強ができ、実際に本当に合格できたという記載があります。

こちらのケースでは法律初学者で1回目の受験で合格されており、勉強期間は9カ月(900時間以内程度の勉強時間)とのことですので、一発合格はなかなか難しいと言われている中での合格ですからスタディングは一定以上の利用価値があると言えるでしょう。

また、働きながらの受験だったとのことで隙間時間を有効活用することで合格できたようですので、忙しい方が利用するのにも適していると言えるでしょう。

行政書士試験に合格したかったらスムーズな導入と記憶の定着ができる仕組みを作る

先ほどのサイトも含めて多くの合格者の方が記憶の定着をどう図っていくかという課題を抱えて勉強をされています。

試験範囲が広いのでどうしても忘却との戦いが必要になってきます。

そこでスタディングでは忘却し難い仕組みが用意されており、例えばAI復習コンテンツ(AIが最適なタイミングで復習問題を出してくれる)や効率的に全体を復習できるコンテンツが用意されており、効率的な勉強を助けてくれます。

スタディングは有りだと思う

実際に利用した方の声などを拝見し、スタディングで行政書士の勉強をすることは意義のあることだと考えます。

もちろん他にも大手の予備校などが出している講座があるので、何を重視するかによってどれを使うかは変わってくるでしょう。

ただ、料金の安さという点では恐らくトップクラスでしょうから価格重視の方は利用を検討してみてください。

執筆者
この記事の執筆者

2級ファイナンシャル・プランニング技能士
FP(ファイナンシャルプランナー)として個人の方からの資産相談を始めとして結婚、子育て、老後、相続、終活、お金のお困りごとなどの相談を受けることも多くあります。
特に最近は生活費に困る方も増えていることから、国・自治体の支援に関する情報提供や不用品の買取を行って費用を工面することについての情報提供等も行っています。
クダランサー(当サイト)では、日々生活する中で疑問に思ったことを調べて配信するほか、生活や仕事で役立つ情報などを配信しています。
恋愛問題や食事、生活全般、文化、歴史など幅広く調査し報告しています。
調査にあたっては、当サイトやインターネット上によるアンケート調査を行うほか、厚生労働省統計調査等の国が行っている調査情報も活用しご案内させて頂いております。調査の方法やソース元に関しては本文中に記載しております。

TOMOをフォローする
学習
スポンサーリンク
TOMOをフォローする
クダランサー
タイトルとURLをコピーしました