注目キーワード
  1. 恋愛
  2. 結婚
  3. お金
  4. 年収
  5. 仕事

着物買取で高額買取はあるのか?

お金に困る人が増えており、着物の買取需要も増加したとかしないとかという話を聞くことが増えました。

テレビCMや折り込みチラシなどで「高額買取」といった文言を目にする機会も多いのですが、しかし一方で、安く買い叩かれたという口コミも多く見かけます。

実際のところどうなのか、着物の買取について調べてみました。

高額買取は存在するが基本的には安いと思っておいた方が良いらしい

アロー着物買取情報に掲載されている着物の買取金額は安い?二束三文にしかならないことも多々の記事によると、その記事タイトルからわかる通り着物の買取金額は二束三文であるケースが多いとのことです。

ただ、全ての着物の買取金額が安い、あるいは不当に安いというわけではなく、理由があって安くなってしまうとのことです。

まずは、なぜ着物の買取金額が安くなってしまうのかその理由を見ておきましょう。

着物の状態が悪いと買取金額は安くなる

「着物」というと我々素人は高価なものというイメージを持ちがちで、高額買取されそうなイメージを持ちますが、その他の洋服類と同じように、生地の質や状態の良し悪しにより買取金額は大きく前後します。

そして、着物は長年箪笥の肥やしになってしまっているケースが多いことから、虫食いあるいはシミ・シワ・カビが出来てしまっていることも有り、そうした状態が悪くなっているものは、やはり買取金額が安くなってしまうとのことでした。

ある種至極真っ当だなと思いました。

イメージで高く売れる、と思い込んでいるケースが多く、実際は一般的な洋服類と同様に状態に左右されるケースが多いということになります。

また、数年単位でなく、10数年以上前の着物というものも多く、そうしたものはしっかり管理していないとどうしたって状態は悪くなりますので仕方がない部分もあるでしょう。

有名産地の着物や有名作家の着物は高く売れる

次はどういった着物が高く売れるのかというところを見ていきたいと思います。
高額買取になるケースとしては、有名産地の着物で状態が良く、証紙付といったものが代表例でしょう。

例えば、大島紬や結城紬といった名前は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

そうした各産地の着物は高く買取されています。

ただし、先ほど記載した通り、着物の状態の良し悪しで査定金額は大きく前後します。

その他、有名作家、例えば、人間国宝である羽田登喜男は有名なのでご存じかと思いますが、そういった作家物の着物は高額買取となります。

高額買取される着物を保持している可能性は高くない

たまたま箪笥の押入れから出てきたから、というケースでは、状態も悪く、保管もしっかりされていないというケースも多いので、高額買取されるということは少ないでしょう。

ただ、そうした着物であっても買取店ごとで数千円程度差がでたりするとのことですので、少しでも着物が高く売れればいいなと思っている方は、買取店選びにも注意してみると良いでしょう。

ここで説明した通り、ある程度知識がないときちんとした金額はつけられないため、しっかりとした業者を利用する必要があります。