注目キーワード
  1. 恋愛
  2. 結婚
  3. お金
  4. 年収
  5. 仕事

屋根塗装が必要な理由とは?塗装する場合の注意点についても解説

屋根塗装は、屋根材に新しく塗膜を施して綺麗に仕上げるリフォーム工事です。

この屋根塗装は定期的に必要とされ、まずは築10年頃を目安に行う事が推奨されています。とはいえ、工事費用は数十万円とかかるため、その必要性に疑問を感じている方も多いと思います。

そこでここでは、屋根塗装の必要性についてと、実際に塗装する場合の注意点についてわかりやすく解説していきたいと思います。

屋根塗装の必要性

屋根塗装の必要性は、大きく分けて「美観の維持」、「屋根材の保護」、「機能性の向上」と3つあります。

それぞれ、特徴が異なるのでご紹介します。

美観の維持

屋根は年数が経つと「汚れ」、「カビや藻」などが発生するため、美観が低下します。

とても見た目が悪くなるため、新築のような美観を取り戻すために屋根塗装を行います。

高圧洗浄(水洗い)でも十分綺麗になるのですが、一時的です。塗装を行う事で、長期間にわたり綺麗な状態を保つことができます。

また、屋根の色を変える事が可能です。色を変えることで、家全体のイメージをがらりと変える事ができます。

屋根材の保護

屋根塗装の必要性として、一番大事なのが「屋根材の保護」です。

屋根材は経年劣化で「浮き」、「ひび割れ」が発生してしまいます。原因は、劣化した屋根材は雨水を吸収して、晴れた日に乾いてを繰り返すことで浮いてくるため、その浮きによる変形で割れてしまうのです。

屋根塗装は、この浮きの原因となる「雨水の吸収」を抑える為に行います。屋根材に塗膜が施されることで、雨水から屋根材を守ってくれます。

結果的に、塗装を行う事で屋根材の寿命を延ばすことができ、耐久年数の向上につながります。

機能性の向上

屋根塗料の中には「遮熱性能」、「断熱性能」、「遮音性能」が期待できるものがあります。

「遮熱」は夏の暑い日差しを反射して室内の温度上昇を和らげる効果があります。

「断熱」は熱の移動を遮る効果があるため、夏の外から室内への熱の移動を減らし、冬の室内の暖かさを外へ逃げないようにする効果があります。

「遮音」は外から室内への騒音を遮ります。

これらの機能性を求める場合に、屋根塗装を行う事で効果を発揮することができます。

屋根塗装を行う場合の注意点

実際に屋根塗装を行う際に気を付けなければいけない事が何点かあります。

その注意点を見落としてしまうと、せっかくの工事が失敗に終わる可能性もあります。

ここからは、塗装を行う際に注意しておきたい内容について解説していきます。

劣化状況の確認

屋根塗装を行う前に、屋根の劣化状況を確認することが大事です。

あまりにも劣化が酷く下地の状態が悪いと、塗装しても剥離するリスクが高まるためです。

また、雨漏りしている場合は塗装で解決できないため、他のリフォームを行う必要があります。

このように、塗装しても問題が無い状況なのかチェックしてから作業に入る必要があります。

最適な塗料を選ぶ

塗装する屋根材によって、適する塗料が変わってきます。

セメント系の屋根材には「シーラー」を塗るのが一般的です。

ですが、金属系の屋根材には「錆止め」、コンクリート瓦には「専用のスラリー強化プライマー」を塗る必要があります。

上塗りのグレードはそこまで問題ありませんが、この下塗り塗料は屋根材別に最適な塗料を選ぶ必要があります。

業者をしっかりと比較する

屋根塗装工事を行う上でもっとも大事なことが「業者選び」です。

施工する業者によって「作業レベル」に大きく差が出ます。

細部の丁寧さ、近隣への対応、仕上がり、下地調整の質が変わってきます。

よくある事例として、安さを追求したことで手抜き工事をされてしまうケースが多いです。

施工業者は、複数社で必ず相見積もりを取り、比較して検討することが大事です。

最後に

屋根塗装は「美観維持」、「屋根材の保護」、「機能性向上」を目的に行われます。

とくに、屋根材を保護するためにとても必要な工事です。

実際に施工する場合は「屋根の状況確認」、「塗料の選定」、「業者選び」を慎重に行いましょう。

業者選びを間違えると、失敗する可能性もあるためとくに注意が必要です。

失敗のリスクを下げるため、相見積もりを取り複数社で比較を行う事をおすすめします。

とはいえ、優良業者の基準がわからない方も多いでしょう。

そんな方は下記サイトの塗装店のブログに失敗しないための方法が記載されていますので、是非参考にしてみてください。

ホームページ:「横浜市の屋根塗装屋さん