注目キーワード
  1. 恋愛
  2. 結婚
  3. お金
  4. 年収
  5. 仕事

クッキーとビスケットの違いわかりますか?違いがわからない人が70%以上

同居人にクッキーが食べたいと言ったら、ビスケットを買ってきやがったので文句を言ったのですが、ビスケットもクッキーも同じでしょ?という返答が返ってきました。

え、違うでしょ?

そこで、ここではビスケットとクッキーに違いはあるのか、違いはなんなのか、みんなは違いが分かるのかなどについて調査してみました。
(※調査方法:オンラインリサーチ、調査対象:成人した男女211名、調査日:2021年8月5日、本ページは全国ビスケット協会の情報を参考にしています。)

クッキーとビスケットの違いがわかると答えた人は27%

クッキーとビスケットの違いがわかるかどうかのアンケート調査結果

まず、クッキーとビスケットの違いがわかると答えた人は全体の約27.5%、わからないと答えた人は71%、その他を選択した方は1.5%程いらっしゃいました。

基本的にはその違いがわからないという方が大勢を占める結果となっています。

なお、わかる、と回答した方も正確な情報を知っているかどうかは別問題で、回答者自身はわかると思っている、という数値となります。

クッキーとビスケットの違いに関する調査結果
クッキーとビスケットの違い 人数 割合
わかる 58 27.49%
わからない 150 71.09%
その他 3 1.42%

ビスケットとクッキーの違いは何?

ビスケットとクッキーの違いについて記載する前に、上記の結果で「その他」を選んだ方の意見を見てみましょう。
「乾燥している具合で違うのだと思うので明確に違うわけではない」
「どちらも基本的には同じ」
「サイズの問題」
ということで、違いがわかるともわからないとも言えない、ということでその他を選択されたとのことでした。

実際のところどうなのでしょうか?

全国ビスケット協会の資料によると、クッキーとビスケットの違いは糖分と脂肪分の割合によって使い分けされている(日本国内において)とのことでした。

クッキーは糖分・脂肪分が全体の40%以上なのに対し、ビスケットはそれぞれが40%未満のものを指します。

非常に微妙なところですが、確かにビスケットとクッキーでは味が違い、クッキーの方が甘くて好きなので私はクッキーが食べたいと言ったのです。

ただ、上記の分類はあくまで日本国内でのものとなります。元々クッキーもビスケットも日本に定着した言葉になっていますが、外国から来たおかし(言葉)なので、諸外国ではどのように定義されているのか調べてみました。

クッキーはアメリカ、ビスケットはイギリスで使われる言葉?

クッキーもビスケットもアメリとイギリス双方で使われてはいますが、クッキーはアメリカで使われている「cookie」と記載するアメリカ英語で、ビスケットは「biscuit」と記載するイギリス英語です。

アメリカの場合、日本で言うところのクッキーもビスケットも両方ともクッキーと表現するようです。
つまりは、焼いたお菓子全般をクッキーというとのことでした。
一方でビスケットと呼ばれるものは、スコーンのようなものや柔らかいパンに近しい焼き物を指すとのことです。

一方で、イギリスの場合、クッキーはしっとり柔らかくチョコチップやナッツが入っている物を言うそうです。つまり、アメリカで言うビスケットに近いものと言えるでしょう。

そのため、どう定義するか、どこの基準に合わせるかによって何がどう違うものなのかという答えは変わってくるものですが、いずれにせよ、クッキーとビスケットは違うものだということがわかりました。

ビスケットとクッキーの違いに関する回答者の感想や意見

クッキーとビスケットの違いがわかると答えた方、わからないと答えた方、双方の意見や感想等を可能な範囲で公開します。
分かっている人もいれば勘違いしている人もいて面白いなと思いました。

クッキーとビスケットの違いに関する意見やコメント
性別 年齢 クッキーとビスケットの違いわかりますか? 上記回答の理由や違い、その他コメントをご記載ください
女性 30代 わからない どちらも同じもののような感じがします。ビスケットのほうが硬いイメージがあります。
女性 20代 わからない ビスケットとクッキーの差も言い方位なのかなと思ってました。
女性 30代 わかる ビスケットは砂糖をあまり使用してない

素朴な感じ

女性 20代 わからない 聞いたことがある気がしますが、忘れてしまいました。
男性 60代以上 わかる 日本では同じものを指す
男性 30代 その他 サイズ
女性 30代 わからない ビスケットはマーガリン使ってそう。
女性 30代 わかる ビスケットはマーガリン使用

クッキーはバター

女性 30代 その他 以前にネットで調べたときに、どちらも基本的には同じと聞いたような覚えがあります。
女性 30代 わかる バターが含まれている量の違いだと思います。
女性 20代 わかる 脂質の量でクッキーかビスケットか判別される
男性 60代以上 わからない 同じように思いますが
女性 50代 わからない バターの含有率の違いでしょうか。
女性 20代 わかる よくお菓子を買うから。
女性 40代 わかる 元々の言語の違い
男性 30代 その他 乾燥している具合で違うのだと思うのですが
女性 50代 わからない ビスケットの方がクッキーより長く焼いてそうな雰囲気がします。それかバターの含有量の違いか?
男性 30代 わからない クッキーとビスケットの違いといわれてもしょうじきわかりません。

クッキーが味ついてて、ビスケットが味の無いプレーンとかでしょうか?

女性 40代 わかる クッキーの方が油分が多いと思います
女性 30代 わからない 厚さや使用材料、食感など違いはわかりますが、それが正しい知識であるかはわかりません。
女性 20代 わかる 小麦粉やバターの量の違い
女性 50代 わかる 配合されるバターの量が異なる
女性 20代 わかる クッキーの方が今風で柔らかそう。

ビスケットは昔っぽくて硬そう。

女性 30代 わかる 材料の配分が異なるので、仕上がり・食感が違うと思います
女性 50代 わからない 絞って成形しているものや表面がザラザラしているもの、、ナッツ類やチョコチップなど混ぜ物が入っているものはクッキーという印象があります。

ビスケットはプレーンな記事で型に入れて堅めに焼かれている印象があります。

女性 20代 わからない ビスケットはチョコチップなど入っていないシンプルなイメージ。
男性 40代 わかる クッキーはバターを使って作る。ビスケットはショートニングを使って作る。私が勤めていた洋菓子店ではそうだった。
女性 20代 わかる 糖分と脂肪分の違い
男性 50代 わからない わかりません。
女性 40代 わかる 糖分と脂肪分の割合が違う。
女性 20代 わかる クッキーはバター感がつよくてビスケットよりしっとりしている。

ビスケットはクッキーに比べてサクサクしている厚みもクッキーより薄い。

女性 20代 わかる バターを使っているのが「クッキー」、使っていないのが「ビスケット」
女性 20代 わかる 材料がちがう。
男性 30代 わかる 糖分と油分の量の違い

なお、上記の意見やコメントに関しては、あくまで各個人の一意見なので、正しい情報であるとは限りません。
勘違いしているケースにおいてもそのまま記載しておりますのでそれをご理解いただいたうえでお読みください。

クッキーとビスケットの違いまとめ

ここではクッキーとビスケットの違いについてと違いについてわかっているかどうかのアンケート調査結果を紹介しました。

私もそうですが、なんとなく違うものだとわかっていても、よくよく考えると何が違うんだろう?というようなことは多いので、こうした疑問に思ったことをしっかり調査していきたいと思います。